@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

馬借【ばしゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

馬借
ばしゃく
鎌倉~室町時代,馬を利用して物資を輸送した運送業者。平安時代末期から駄馬をもつ都市近郊の農民が,農閑期に物資の運送に従事したのが始りといわれる。鎌倉時代末期から活躍するようになり,農業従事者の兼業,運送を専業とする者,運送のかたわら商品を販売する者などがあった。一般に宿場問屋荷駄屋の統制下にあったと考えられる。近江大津坂本若狭敦賀小浜山城山崎木津など交通の要地に多く居住し,京都,奈良などに物資を輸送した。室町時代には土一揆の主体として活躍した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ば‐しゃく【馬借】
中世、馬上に荷を乗せて運んだ運送業者。主に畿内とその周辺に発達。近江(おうみ)の大津・坂本、山城の木津などが有名。しばしば土一揆の主体となった。
馬借一揆」の略。
「京都は―の沙汰之(これ)在り」〈大乗院寺社雑事記〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばしゃく【馬借】
中世・近世の運送業者。馬の背に荷駄をのせて運送し,駄賃を稼いだ。11世紀半ばに成立をみた《新猿楽記》に馬借,車借とでてくるのが初見史料であろう。鎌倉時代中ごろから,その活躍をあとづけることができるが,越前の敦賀,若狭の小浜,近江の大津・坂本・草津,山城の淀・山崎・木津・伏見・横大路鳥羽,大和の生駒鳥見八木・布留郷などが馬借の集住地として有名である。これらの多くは外港の地であり,水運されてきた物資を京都や奈良に運送するのを主たる仕事とした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ばしゃく【馬借】
中世、馬で物資を輸送した運送業者。近江(今の滋賀県)の大津・坂本、若狭(今の福井県)の敦賀など、交通の要地に発達。しばしば土一揆の主体となった。
馬借一揆。また、転じて一揆・反乱などのこと。 -ガオコル/日葡

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

馬借
ばしゃく
平安後期から戦国期まで活躍した馬の背を利用する交通運輸業者。11世紀に成立した『新猿楽記』に馬借の語がみえ、大津(おおつ)・淀(よど)・山崎(やまざき)など畿内(きない)を中心とした交通の要衝や港・宿場を活動の拠点とした。比叡山延暦寺(ひえいざんえんりゃくじ)で勧学講(かんがくこう)が行われた際の記録である『勧学講条々』によれば、敦賀(つるが)から湖北の海津(かいづ)への馬借は馬13疋(びき)で一類をなして活動していたが、1270年(文永7)の彼らの駄賃は米一駄一石当り、一斗から一斗四、五升ほどで、駄賃を少なくすると、米を不法に減じたという。また馬借の営業活動を伝えている『西野(にしの)文書』によると、北陸街道で活躍した越前河野浦(えちぜんこうのうら)の馬借集団は1508年(永正5)「浦、山内(やまうち)馬借定書(さだめがき)」を作成しているが、これによると、彼らは単に物資輸送だけにとどまらず、塩・榑(くれ)の独占販売権をもっていた。この独占権は、同年さらに越前の戦国大名朝倉貞景(あさくらさだかげ)からも保障され、「公方(くぼう)様馬借中(ちゅう)」と称して、北陸街道を中心とした地域を商圏とした。その一方彼らには街道整備の義務も課せられていた。馬借はこのような交通運輸上にもつ実力を背景として、自己の経済活動を守るために、しばしば馬借一揆(いっき)を繰り返した。1466年(文正1)に山城(やましろ)国で起きた馬借一揆が京や奈良への通路を閉鎖できたのは、こうした彼らの日常活動によるものである。[鈴木敦子]
『豊田武著『中世の商人と交通』(1983・吉川弘文館) ▽佐々木銀弥著『日本の歴史13 室町幕府』(1975・小学館) ▽脇田晴子「敦賀湾の海運について」(福井県立図書館、福井県郷土誌懇談会編『日本海海運史の研究』所収・1967・福井県郷土誌懇談会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うま‐かし【馬借】
〘名〙 中世の交通労働者。荷物を馬で運んで、その手間賃を取る人。ばしゃく。〔新猿楽記(1061‐65頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ば‐しゃく【馬借】
〘名〙
① 中世・近世の運送業者。馬の背に荷駄をのせて駄賃を稼ぎ、物資を輸送した。鎌倉末ごろから広くその活躍が知られる。近江の大津・坂本、越前の敦賀、若狭の小浜、山城の淀・山崎・木津などの交通の要所に集住し、京都・奈良へ物資を運送する仕事に従事した。また、室町中期には運送業だけではなく商人的性格をもつようになった。多くは問屋などの統制下にあったが、在地の情勢に詳しく集団的行動力を持っていた彼らは、しばしば土一揆に加わった。
※新猿楽記(1061‐65頃)「願馬借車借之妻件夫〈略〉東馳大津三津、西走淀渡山崎
② ①が起こす一揆。また転じて、一揆・反乱など治安が乱れることをさしていう。
※大乗院寺社雑事記‐長享二年(1488)八月一五日「京都は馬借沙汰在之云々、且如何」
※浄瑠璃・丹波与作待夜の小室節(1707頃)上「今は近江の石部の馬借に奉公しまする」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ま‐がし【馬借】
〘名〙 =ばしゃく(馬借)〔運歩色葉(1548)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

馬借
ばしゃく
鎌倉末期より現れた駄馬を用いる運送業者
初めは都市近郊の農民が農閑期に従事。なかに商人を兼ねる者も出たが,多くは転落農民で問丸 (といまる) の統制下にあった。京への出入口にあたる大津・坂本・淀・木津などの交通の要地に集団的に居住した。馬借はその機動力を駆使して,しばしば土一揆の中心となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

馬借」の用語解説はコトバンクが提供しています。

馬借の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation