@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

馬王堆漢墓【マオウタイカンボ】

デジタル大辞泉

まおうたい‐かんぼ〔マワウタイ‐〕【馬王堆漢墓】
中国湖南省長沙市郊外の馬王堆にある前漢初期の墳墓。1972年から3基の墳発掘され、木槨(もっかく)墓から、初代軑侯(たいこう)利蒼とその妻子とみられる三人の遺体が発見された。特に、夫人の遺体の保存状態は良好で注目を浴びた。また、帛画・帛書漆器楽器玉器など、多数の副葬品出土

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まおうたいかんぼ【馬王堆漢墓 Mǎ wáng duī Hàn mù】
中国,湖南省長沙市東郊4kmの東屯渡公社にある前漢前期の長沙国丞軑(たい)侯利蒼(りそう)とその妻子の3基の墓。地名を冠して長沙馬王堆と呼ぶことも多い。1972年から74年にかけて発掘調査された。平原中の独立丘陵上にあり,東の1号墓は底径約40m,高さ約16m,西の2号墓は底径約31.5m,高さ約6mの封土をもつ。1号墓の南の3号墓の封土は1号墓築造のため削られている。墓室は竪穴土坑を掘り,厚木板で木槨を築く。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

まおうたいかんぼ【馬王堆漢墓】
中国湖南省長沙市馬王堆にある前漢初期の墓。1972年から発掘。木炭をしきつめた木郭墓から、帛書・漆器・楽器・玉印などの高度な工芸品が多く出土。相接した三基の被葬者は初代軑たい侯利蒼りそうとその妻子。夫人の遺体は良好な保存状態(湿屍)で注目を浴びた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

馬王堆漢墓
まおうたいかんぼ
1972年から74年初めまでの発掘で、中国湖南省長沙(ちょうさ)市郊外の馬王堆から発見された三座の漢墓。1号墓は泥「半両」銭が出土しているところから、武帝以前、文帝、景帝代にさかのぼるものとみられ、考証によって、文帝代の紀元前168年のものと推定する意見が有力である。墓中には「侯家丞(たいこうけじょう)」と記す封泥(ふうでい)が多く発見されるので、この墓は侯に関係するものである。1号墓にはほとんど完全な女性の屍(しかばね)があり、皮・肉の軟組織と内臓が良好に保たれていた。また、棺を覆う彩絵帛(はく)画は絢爛(けんらん)たる絹織品であり、3種の管弦楽器や製作したばかりの輝きをもつ漆器などもみいだされた。1973年12月、3号墓が発掘され、ここに帛書が発見された。すなわち、『老子』『戦国策』『左伝』などの古典、『駐軍図』などの地図類、『五十二病方』などの医書、その他、天文、陰陽(おんみょう)の書など、広い分野にわたっての写本があった。なかでも『老子』は2種類の写本として出土した。『老子』甲本と巻後の四編の古佚書(こいっしょ)をあわせて一巻になっている。465行、1万3000余字、字体は篆書(てんしょ)に近い。漢の高祖(在位前202~前195)の諱(いみな)を避けていないので、古くみても高祖の末年のころに写出されたものであろう。『老子』乙本は前の四編の古佚書とあわせて一つの帛に写されており、252行、1万6000余字を含む。高祖の諱を避け、恵帝(在位前195~前188)のそれを避けていないので、恵帝あるいは呂后(りょこう)時代のものかと推定される。帛書『老子』は徳経が前半にあって、道経が後半にあり、通行本と順序が転倒している。3号墓の墓主は侯利蒼(りそう)の男子と推定され、帛書は墓室の東辺箱(しょう)にある(57号)長方形の漆塗りの奩(はこ)の下部に折り畳んで収められていた。
 2号墓は盗掘されていたが、「利蒼」玉印、「侯家丞」「長沙丞相」銅印などが出土した。
 帛画は1号墓から発見されているが、これらは絵画史上からも注目に値するとともに、中国古代神話についての新しい重要な資料を提供することになった。T字形画幅は衣服に似せていて、描かれた形象は「招魂して身体に戻す願いを表すもの」といわれる。これは楚(そ)の地方の巫鬼(ふき)を信仰する習俗の反映であろうと中国の研究者は述べている。3号墓からは38件の兵器と、『駐軍図』が出土した。兵器は弩(ど)、弓、箭(せん)、矢箙(しふく)、剣、戈(か)、矛(ほこ)、兵器架の8種であるが、明器(めいき)としてつくられたので実用の器物ではない。『駐軍図』は漢代初期の軍事情況を推察するうえで貴重な資料である。図には山、河、道、城鎮、村、兵営が書き込まれている。それらを詳しくみると、軍事駐防の必要から、移民、併村というような措置もとられたことがわかる。このように地図類は漢代の社会史研究の材料として貴重である。[好並隆司]
『湖南省博物館・中国科学院考古研究所編、関野雄他訳『長沙馬王堆一號漢墓』(1976・平凡社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まおうたい‐かんぼ マワウタイ‥【馬王堆漢墓】
中国湖南省長沙市郊外の馬王堆にある三座の漢代初期の墓。一九七二年から七四年にかけて発掘。軑侯(たいこう)に関係する墓で、ほとんど完全な女性の遺体の外、帛書・帛画・銅印など多数の副葬品が出土した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

馬王堆漢墓
まおうたいかんぼ
中国,湖南省長沙市郊外で発掘された,前漢前期の墓
1972〜74年に発掘調査が行われた。長沙国丞相の地位にあった人物とその妻子の墓。保存状態も良く,多くの副葬品も出土し,漢代文化の研究に貴重な資料を提供している。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

馬王堆漢墓
ばおうたいかんぼ
馬王堆1号漢墓」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

馬王堆漢墓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

馬王堆漢墓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation