@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

馬王堆1号漢墓【まおうたいいちごうかんぼ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

馬王堆1号漢墓
まおうたいいちごうかんぼ
Ma-wang-chi i-hao Han-mu
中国湖南省長沙市郊外の五里牌馬王堆で 1971年に発見された前漢初頭の墓。発掘は 72年1~4月にかけて行われた。前漢恵帝年代 (前 195~187) のたい侯の初代利倉侯の夫人と考えられる遺体が,ほぼ完全な形で発見された。また絹織物,漆器,竹・木器,陶器など 1000点余を数える副葬品も比較的完全な形で残っていた。なかでも変形雲竜文や雷文の描かれた木棺,竹製十二音律管,木瑟,彩色帛画,香炉,木俑などが世界の注目を集めた。ほかの多くの副葬品も当時の風俗,生活を知るうえで,きわめて資料価値の高いものであった。 (→長沙遺跡 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

馬王堆1号漢墓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

馬王堆1号漢墓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation