@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

馬致遠【ばちえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

馬致遠
ばちえん
Ma Zhi-yuan
[生]咸淳6(1270)頃
[没]延祐7(1320)/至順1(1330)
中国,元初の劇作家。大都 (北京) の人。号,東籬 (とうり) 。元に入って江南地方で役人となり,江浙行省の務提挙となったというほか,経歴は不明。晩年は隠棲していたと考えられる。関漢卿王実甫白仁甫と並んで元曲四大家に数えられ,伝統的な教養も深く,格調の高い洗練された文で,元曲作家中屈指の文彩家とされる。作品は7編が現存し,特に王昭君故事題材をとった『漢宮秋』は元第一の傑作とされる。散曲の作品も多く『東籬楽府 (がふ) 』に収められる。代表作『青衫涙 (せいさんるい) 』『岳陽楼』『黄梁夢』『陳摶高臥 (ちんたんこうが) 』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ば‐ちえん〔‐チヱン〕【馬致遠】
中国、元初の劇作家。大都(北京)の人。号、東籬(とうり)。元曲四大家の一人。王昭君を主題とした雑劇「漢宮秋」で有名。ほかに散曲を集めた「東籬楽府(がふ)」がある。生年未詳。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばちえん【馬致遠 Mǎ Zhì yuǎn】
中国,元代の演劇である〈雑劇〉の代表的作者の一人。生没年不詳。活躍時期はほぼ元の前半であるが,大都(北京)の人で東籬と号し,江浙省の務提挙または務官になったという以外,詳しい事跡は不明。《漢宮秋》《岳陽楼》《陳摶高臥》《青衫涙》《薦福碑》《任風子》,および他の作者との合作《黄梁夢》の七つの雑劇と,散曲集《東籬楽府》が伝わる。作品には,官途での不遇に対する不満と,神仙へのあこがれが見られ,後者には当時盛行した全真教の影響が認められる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

馬致遠
ばちえん

生没年不詳。中国、元(げん)代の戯曲作家。号は東籬(とうり)。大都(だいと)(北京(ペキン))に生まれ、作家ギルド元貞書会に加入して雑劇(ざつげき)(元曲)作品を数多く書いた。中年になってようやく地方官の職を得て江南に行き、50歳を過ぎて引退したが、晩年もなお創作活動を続けている。没年は至治年間(1321~23)以後。作品の題名が15種知られるなかに、名作『漢宮秋(かんきゅうしゅう)』が含まれているが、『岳陽楼(がくようろう)』『任風子(じんふうし)』などの神仙劇もあり、当時流行の全真教の影響がみられる。ほかに南戯『牧羊記』も彼の作品といわれる。散曲(さんきょく)の作家としても名があり、慨世、写景の作品に佳作が多い。輯本(しゅうほん)『東籬楽府(とうりがふ)』に収められるもののうち、『夜行船・秋思』が知られている。

[傳田 章]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

馬致遠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

馬致遠の関連情報

関連キーワード

ルイ松浦荘ルイ松浦荘十字軍史(年表)フランス史(年表)宝塚音楽学校旧校舎イスラム教への冒涜罪ウイグル族をめぐる問題詠歌一体

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation