@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

馬頭観音【ばとうかんのん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

馬頭観音
ばとうかんのん
Hayagrīva
観世音菩薩の化身で,六観音の一つ。忿怒相をもち,人身で,頭がのものと,馬の頭飾りを戴くものとがあり,馬頭は諸悪を下す力を象徴し,煩悩を断つ功徳があるとされる。しかし一般には馬の無病息災守り神として信仰され,3面8臂,4面8臂などのものもある。また八大明王の一つとして馬頭明王,あるいは馬頭大士の形でも信仰されている。日本最古の明確な造像例は石川豊財院の木像で,11世紀の作と推定される。次いで 12世紀のものでは島根金剛寺,福岡観世音寺の諸像,鎌倉時代以後は作例も多く,京都浄瑠璃寺のものはよく知られている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ばとう‐かんのん〔‐クワンオン〕【馬頭観音】
《〈Hayagrīva六観音七観音の一。宝冠に馬頭をいただき、忿怒(ふんぬ)の相をした観音菩薩(ぼさつ)。魔を馬のような勢いで打ち伏せ、慈悲の最も強いことを表すという。江戸時代には馬の供養と結び付いて信仰されるようになった。馬頭明王。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばとうかんのん【馬頭観音】
サンスクリット名ハヤグリーバhayagrivaの訳。馬頭明王ともいう。六観音(聖,十一面,千手如意輪,不空羂索または准胝,馬頭),八大明王(降三世,大笑,不動,大威徳大輪,無能勝,歩擲(ぶちやく),馬頭)の一つ。馬が濁水を飲み尽くし,雑草を食い尽くすように,衆生の煩悩を断尽する尊とされる。頭上に馬頭を載せるのを特徴とし,図像には異形の種類が多く,儀軌にも異説が多い。一面二臂像,一面四臂像,三面二臂像,三面四臂像,三面八臂像があり,さらに持物,形姿にも相違著しい

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

馬頭観音
ばとうかんのん

六観音の一つ。サンスクリット名はハヤグリバHayagriva。観世音菩薩(ぼさつ)の化身で、頭上に馬頭をいただき、さながら転輪聖王(てんりんじょうおう)の宝馬が駆け巡って四囲を威圧するような姿をその特徴とし、その形相から馬頭観音の名称がある。この観音は、生死の大海に四魔を降伏(ごうぶく)する勢いを馬で表したものという。ヒンドゥー教における突迦(とか)女神のアスラ退治神話を素材にしたといわれる。この菩薩には一面二臂(ひ)、三面四臂あるいは四面八臂の像があり、その形相はかならずしも一定していない。後世、俗に馬の病気と安全を祈願し、路傍に馬頭大士などと石に刻んで信仰される。

[壬生台舜]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

馬頭観音
(東京都練馬区北町1-45付近)
ねりまのとっておきの風景(地域景観資源)指定の地域遺産。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

馬頭観音
(東京都練馬区高松4-19)
ねりまのとっておきの風景(地域景観資源)」指定の地域遺産。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ばとう‐かんのん ‥クヮンオン【馬頭観音】
(Hayagrīva の訳語) 仏語。六観音・八大明王の一つ。密教で、悪人や敵を降伏させる修法の本尊。俗には馬の守り神とされる。宝冠に馬頭をいただき、身色は赤で、忿怒(ふんぬ)の相をあらわして、一切の魔や煩悩をうち伏せる働きを示す。その像には三面二臂(ひ)・四面八臂・三面八臂などがあるが、単独の像例では三面八臂像が多い。馬頭観世音。馬頭大士。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

馬頭観音」の用語解説はコトバンクが提供しています。

馬頭観音の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation