@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

馴鹿【トナカイ】

デジタル大辞泉

トナカイ
アイヌ語から》シカ科の哺乳類。北極地方のツンドラ地帯に群をなしてすみ、体高1~1.4メートル。雌雄ともに角をもち、ひづめが大きい。北ヨーロッパでは古くから家畜化され、そり引きなどに使われる。カリブー
[補説]「鹿」とも書く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゅん‐ろく【×鹿】
トナカイのこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

馴鹿 (トナカイ・ジュンロク)
動物。哺乳類

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

トナカイ【馴鹿】
〘名〙 (アイヌ語から) シカ科の哺乳類。肩高一~一・三メートル。普通の鹿に似ているが大形で、雌雄とも枝状の大きな角をもつ。体色は灰褐色でくびは白く、くびの下面にふさ状の長毛がある。ユーラシア、グリーンランド、北極に近いツンドラ地帯に群棲、秋は南方の森林に移動、主に地衣類を食べる。極地ではきわめて重要な家畜で、荷運びなど労役用とするほか乳は飲料、皮は衣服・テントに、肉は食用にする。カリブー。じゅんろく。
※随筆・春波楼筆記(1811)「唐太の地に、トナカヒと云ふ獣あり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゅん‐ろく【馴鹿】
〘名〙 =トナカイ(馴鹿)〔改正増補和訳英辞書(1869)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

馴鹿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

馴鹿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation