@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

駆込【かけこみ】

世界大百科事典 第2版

かけこみ【駆込】
欠入,走入とも称し,人に追われて逃げ場を失い,近辺の屋敷寺院などに避難して保護を受ける行為,またそのような行為が社会的に定型化されたものとしての慣行をいう。日本の中世近世社会に広く見られるものである。江戸時代,鎌倉松ヶ岡の東慶寺や上野国世良田の満徳寺縁切寺として,寺内へ駆け込んだ女性に離婚の成立する慣行があったことはよく知られている。また奥州守山藩では罪を犯した百姓たちが,その菩提寺などに駆け入り,〈寺抱え〉となることによって処罰をうけずにすむ慣行が存在していた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

かっ‐こ・む【駆込】
〘自マ四〙 (「かけこむ(駆込)」の変化した語) 駆けてはいる。逃げこむ。また、はいりこんでくる。
※洒落本・船頭部屋(19C初)鳥居町舟宿の套「かし蔵のひあわいから、あしばやにかっこみ、いきなりにこたつへむぐりこむ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かり‐こ・む【駆込】
[1] 〘他マ下二〙 むりに追い立ててある物の中へ入れる。追いこめる。
※太平記(14C後)一二「内海外海の龍神共、悉く守敏の呪力を以て、水瓶の中に駆籠(カリコメ)て」
[2] 〘他マ四〙 (一)に同じ。
※浮世草子・武家義理物語(1688)五「此度御下(した)の百姓迄もかりこまれしが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

駆込」の用語解説はコトバンクが提供しています。

駆込の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation