@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

駒ヶ根(市)【こまがね】

日本大百科全書(ニッポニカ)

駒ヶ根(市)
こまがね

長野県南部、伊那盆地(いなぼんち)の中央部にある市。1954年(昭和29)赤穂(あかほ)町を中心に、伊那、中沢の2村と宮田町が合併して市制施行。1956年宮田地区を分離し宮田村を設置。市名は市域が木曽(きそ)山脈の主峰駒ヶ岳の麓(ふもと)にあることにちなむ。市域は天竜川(てんりゅうがわ)の両岸に広がり、右岸は河岸段丘上の平坦(へいたん)面をなし、左岸は伊那山地の山腹傾斜地である。JR飯田(いいだ)線、国道153号ともに右岸を通り、中心地区赤穂の西方には中央自動車道の駒ヶ根インターチェンジもある。赤穂は近世三州街道(現、国道153号)の宿場をなしていた。市街は国道に沿い新興都市としての商店街をなし、駒ヶ岳への登山口である。周辺の農村部はリンゴ、ブドウ、ナシや水稲作が中心になっている。市街西方の駒ヶ根高原は伊那盆地随一の観光地をなし、市域の北側を東に流下する天竜川の支流大田切(おおたぎり)川上流のキャンプ場など観光開発に力を入れている。食品加工や電機工場が多い。国指定重要文化財の旧竹村家住宅や、国指定名勝の庭園をもつ光前寺(こうぜんじ)もある。面積165.86平方キロメートル(一部境界未定)、人口3万2759(2015)。

[小林寛義]

『『駒ヶ根』増補改訂版(1968・駒ヶ根市)』『『駒ヶ根市誌資料集』8冊(1957~1964・駒ヶ根市)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

駒ヶ根(市)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

駒ヶ根(市)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation