@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

駕輿丁【かよちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

駕輿丁
かよちょう
古代,左右近衛兵衛府に属して輿 (こし) をかついだ人足。これらの人々が鎌倉時代以降は商工業に従事し駕輿丁座を組織,物資運搬,特に米,呉服,などには専売特権が与えられて栄えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かよ‐ちょう〔‐チヤウ〕【××輿丁】
身分の高い人の駕籠(かご)や輿(こし)を担ぐ役の者。こしかき。
「俄(にはか)の事にて―も無かりければ」〈太平記・二〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かよちょう【駕輿丁】
〈こしかき〉ともいう。奈良時代以降,朝廷に属して,主として天皇行幸のさいその輿(こし)をかついだり,輿の前後につけたを手にとったりして行歩した下級職員呼称。《続日本紀》の宝亀11年(780)3月辛巳条にこの語が見え,駕輿丁がその任務に従事することで庸調を免除されていたのが知られる。平安時代,927年(延長5)に成った《延喜式》によると,駕輿丁は〈四府(しふ)〉,すなわち左右近衛府と左右兵衛府とに直属し,前者では左右各100人,計200人が,また後者では左右各50人,計100人が従事した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

こしかき【駕輿丁】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かよちょう【駕輿丁】
貴人の駕籠かごや輿こしを担ぐ人。こしかき。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かよ‐ちょう ‥チャウ【駕輿丁】
〘名〙 貴人の駕籠(かご)や輿(こし)を担ぐことを業とする者。こしかき。
※続日本紀‐宝亀一一年(780)三月辛巳「諸司仕丁・駕輿丁等厮丁及三衛府火頭等、徒免庸調、無公家

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

駕輿丁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

駕輿丁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation