@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

駘蕩【タイトウ】

デジタル大辞泉

たい‐とう〔‐タウ〕【××蕩】
[ト・タル][文][形動タリ]
さえぎるものなどがなく、のびのびとしているさま。
「復讐の挙を全然忘却した―たる瞬間を」〈芥川・或日の大石内蔵助〉
春の情景などが、平穏でのんびりとしているさま。「駘蕩たる春光」「春風駘蕩

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たい‐とう ‥タウ【駘蕩】
〘形動タリ〙
① 春の情景ののどかなさま。春のけしきののんびりしたさま。《季・春》
※水流雲在楼集(1854)下・泊小木港「誰知地角天涯感、独在煙波駘蕩春
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉前「駘蕩たる春光に心を馳せて」
② 大きくのびのびとしているさま。
※或日の大石内蔵助(1917)〈芥川龍之介〉「その放埒の生活の中に、復讐の挙を全然忘却した駘蕩たる瞬間を、味った事であらう」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

駘蕩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

駘蕩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation