@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

駿河台【スルガダイ】

デジタル大辞泉

するがだい【駿河台】
東京都千代田区北部の地名徳川家康死後駿府(すんぷ)旗本を居住させたのでこの名がある。明治大学日本大学ニコライ堂がある。神田駿河台駿台(すんだい)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

するがだい【駿河台】
東京都千代田区北部の地名。JR御茶ノ水駅南の地区を指し,現在も神田駿河台1~4丁目の町名がある。武蔵野台地の一部である本郷台の南端部にあり,地名の由来は江戸時代初期に駿府(現,静岡市)詰めの武士を江戸に引き揚げ,ここに住まわせたことによる。それ以前は神田山と呼ばれた。南面する見晴しのよい台地で,旗本屋敷が多かった。明治以後この地区には多くの学校がつくられ,国立大学は他へ移転したが明治大学,日本大学,中央大学(1978転出)は長く残り,各種学校などとあわせて学生の街としてにぎわってきた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

駿河台
するがだい

東京都千代田区北端の地区。正式には神田駿河台(かんだするがだい)という。山手(やまのて)台地の一部で、徳川家康の死後、家康に仕えていた駿府(すんぷ)(静岡市)詰めの武士がここに居住したことが地名の由来。家康が江戸に幕府を開いたころは神田山とよばれ、1603年(慶長8)、現在の日本橋、新橋地域などの埋立てにあたって、この台地を崩した土砂が使われた。本郷台との間の神田川は、1616年(元和2)外濠(そとぼり)の役割を兼ねて開削され、さらに1660年(万治3)仙台藩の工事により通船が可能となった。旗本屋敷地は、明治になって大学の用地に変わり、日本大学、明治大学、中央大学(現在は八王子市へ移転)などが建てられ学生の街となった。北東端にJR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線の御茶ノ水駅があり、東部に東京メトロ千代田線の新御茶ノ水駅がある。ニコライ堂(日本ハリストス正教会教団復活大聖堂)は1891年(明治24)イギリスのコンドルなどの設計により建てられたビザンティン式建築である。

[沢田 清]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

するがだい【駿河台】
東京都千代田区神田の地名。江戸時代は旗本屋敷が並び、現在は明治大学、日本大学理工学部のほか各種学校がある学生街。神田山。神田駿河台。駿台。
※談義本・風流志道軒伝(1763)二「駿河台(スルガダイ)のわたり小高き所に、まばらなる庵の有りけるを」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

駿河台
するがだい
神田駿河台」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

駿河台」の用語解説はコトバンクが提供しています。

駿河台の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation