@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

骸骨【ガイコツ】

デジタル大辞泉

がい‐こつ【骸骨】
死体の皮や肉が腐り落ちて、骨だけになったもの。白骨。
からだの骨格

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がいこつ【骸骨 skeleton】
骨だけになった死骸骨で,全身の骨格をとどめているものをいう。古代中国では死者を浅く埋め,肉を落として魄とした後改めて葬った。魄は骸骨に似た状態である。古代エジプトでは,富裕階級の宴会で食後酒宴の前に木製の骸骨を会食者に見せて,いま現在を楽しむようすすめたという(ヘロドトス《歴史》2巻)。これは〈a skeleton at the feast(banquet)〉(〈座を白けさすもの〉の意)という英語の成句として今も残っている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

がいこつ【骸骨】
肉が腐り落ちて、骨だけになった死体。
からだの骨組。骨格。 -のうへを粧て花見かな/鬼貫句選
[句項目] 骸骨を乞う

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

骸骨
がいこつ
skeleton
骨だけになった死体をいい、骨のほかに靭帯(じんたい)と軟骨をも含む。skeletonの語源はギリシア語で、乾燥した体、ミイラ、骨格を意味する。死体は焼かれない限りは、腐敗、そして昆虫(とくにウジ)その他の動物による蚕食、損壊を受けながら、軟部組織が除去され、結局は骨格だけ(白骨化)となる。白骨化は種々の条件に左右されるが、普通、地上で約1年、土中で数年である。なお、骨盤骨、頭蓋(とうがい)骨、上腕骨は、骸骨の個人識別の際の資料となる。[澤口彰子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がい‐こつ【骸骨】
〘名〙
① からだの骨。骨組み。骨格。
※随筆・秉燭譚(1729)四「骨殖のこと 字彙、正字通等、ただ貨殖封殖の義ありて他の注なし。按ずるにこの字に骸骨の義あり」
② 肉が腐ってなくなり、骨だけになった死体。むくろ。死骸。
※菅家後集(903頃)哭奥州藤使君「骸骨作灰塵、無音旨」 〔史記‐淮陰侯伝〕
③ 勤めなどを終えたあとの、役立たなくなった身をたとえていう。→骸骨を乞う
※洒落本・青楼昼之世界錦之裏(1791)「年(ねん)のあくるもちかければ骸骨(ガイコツ)のすて所にまごつかぬやうにしな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

骸骨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

骸骨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation