@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高倉【タカクラ】

デジタル大辞泉

たか‐くら【高倉】
建物のを高くし、で支える構造ネズミ湿気などを防ぐ。現在でも奄美群島東南アジアなどにみられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たかくら【高倉】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たかくら【高倉】
湿気や鼠の害を防ぐため、床を高くした倉。現在、南西諸島などにみられる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

高倉
たかくら
高床(たかゆか)の倉。奄美(あまみ)や沖縄の諸島では穀物を貯蔵するため、湿気を防ぎ通風をよくするために、床を高くして上を倉とする。四角、六角などの平面で、屋根は宝形(ほうぎょう)造または六注(ろくちゅう)造で茅葺(かやぶ)きである。床下の柱は、高倉の大きさにより、4本、6本、8本などになる。床下は吹抜きで作業場としても使用される。倉部分の柱は外転(そところ)び(上にゆくにしたがって外側に広がる)に立つことが多く、倉への出入口は倉の板壁にあけられる場合と、屋根の軒下にあけられる場合とある。類似の倉に八丈島の足揚倉(あしあげくら)があり、弥生(やよい)時代の高床倉庫以来の伝統が認められる。記録上は神祇官(じんぎかん)に高倉があったことが知られるが、高床かどうかは明らかでない。京都・賀茂別雷(かもわけいかずち)神社の神器を収める高倉は、いまは高床の倉庫形式にならず、普通の入母屋(いりもや)造の建物である。[工藤圭章]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たか‐くら【高倉】
〘名〙 建物の本体を柱で地面より高くあげ、鼠害や湿気を防ぐ倉庫。彌生時代以降、奈良・平安時代まで使用された。静岡県登呂遺跡の復元倉庫、奈良東大寺正倉院はその例で、現在でも沖縄、東南アジアなどにみられる。
※扶桑略記(12C初)天暦七年二月一三日「去夜失火。登神祇官高倉滅火者。宜祿」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高倉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高倉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation