@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高圧化学【こうあつかがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高圧化学
こうあつかがく
high pressure chemistry
物質の物理的化学的諸物性や変化を支配する因子として温度と圧力が重要であるが,特に高い圧力が化学反応,諸物性に及ぼす影響を研究する化学を高圧化学という。ハーバード大学の P.W.ブリッジマンが先駆者であり,ピストン,シリンダを巧みに組合せた装置で 40GPaの高圧発生に成功した。現在,実験室的に制御できる高圧は 170GPa,衝撃波を利用すると約 1000GPaが得られるという。その成果が工業化されているものには窒素肥料工業 (アンモニア・尿素合成) ,水素添加工業 (石炭液化,油脂硬化) ,合成燃料工業 (石油・メタノール合成) など広い分野にわたっている。特に第2次世界大戦後,超高圧の研究がめざましく,地球化学,鉱物冶金,金属加工,新工業材料の開発など,高圧化学の応用面での進歩が著しい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうあつ‐かがく カウアツクヮガク【高圧化学】
〘名〙 物理化学の一部門。高圧下に現われる物質の化学変化を研究する学問。また、それを応用した工業。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高圧化学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高圧化学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation