@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高安流【たかやすりゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高安流
たかやすりゅう
能楽大鼓方流派名。天文 (1532~55) 頃,観世弥三郎元供の門弟であった高安道善 (?~1557) を流祖とする。現宗家預りは安福建雄 (1938~ ) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たかやす‐りゅう〔‐リウ〕【高安流】
能の大鼓(おおつづみ)方の流派の一。室町末期、高安与右衛門道善を流とする。
能のワキ方の流派の一。高安与右衛門の子孫与八郎が、金剛座ワキ方金剛又兵衛のツレ伊右衛門から伝書を譲られて創始したという。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たかやすりゅう【高安流】
(1)ワキ方の流派名。流祖については諸説あって定めがたいが,家伝によると,高安長助(河内高安の人,もと横田姓)を流祖とし,2世を長助の子与八郎(安土桃山時代の人。金剛座ワキ方でのち金剛大夫を継いだ10世金剛又兵衛康季の養子となる),3世を与八郎の子太郎左衛門重政とする。太郎左衛門はワキ方春藤(しゆんどう)六右衛門友尊の女婿で寿閑と号し,寿閑を芸祖とする伝承もあり,事実上の流儀の確立者らしい。寿閑の弟三右衛門は大鼓(おおつづみ)方高安流を継いだので,大鼓方とは同祖の間柄である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たかやすりゅう【高安流】
能のワキ方の流派の一。流祖は高安長助、事実上の芸祖は三世寿閑と伝える。江戸時代は金剛座の座付き。現在、名古屋・京都などを地盤とする。
能の大鼓おおつづみ方の流派の一。流祖高安与右衛門(道善)は美男子の名人で「高安エビス」と称された。江戸時代は金剛座の座付き。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たかやす‐りゅう ‥リウ【高安流】
〘名〙
① 能のワキ方の一派。河内高安の人、高安長助(一説には、長助の子で金剛流ワキ方一〇世金剛又兵衛康季の養子となった高安与八郎)を祖とする。
② 能の囃子(はやし)方の大鼓(おおつづみ)の一派。室町末期、観世小次郎信光の子、観世彌三郎元供に大鼓を学んだと伝えられる、高安与右衛門道善を祖とする。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高安流」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高安流の関連情報

関連キーワード

インカ帝国犬筑波集アンデス文明法華一揆犬筑波集享禄天文ガルガンチュアとパンタグリュエルラブレーレスター(伯)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation