@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高層天気図【こうそうてんきず】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高層天気図
こうそうてんきず
upper air synoptic chart
高層大気の状態を解析するための天気図。等圧面天気図,等高度天気図,等温位面天気図,圏界面天気図などがあり,各高度の気温,露点温度,風向風速などが記入されている。一般に等圧面天気図に 850hPa,700hPa,500hPa,300hPa,200hPaなどをとり,その高度分布は 60mまたは 30m間隔の等高線で描かれる。等温線は 2℃または 4℃ごとに描かれる。この種の天気図は気象庁から印刷天気図として刊行されている。一般に高層観測地点は数が少なく,観測値にも誤差を伴うことが多いため,描く場合には地上天気図の場合とは異なった注意が必要である。現在では,静止気象衛星ひまわり』が観測した上空の風の情報や世界中に張りめぐらされた航空路綱から飛行機観測のデータも取り入れて作成されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうそう‐てんきず〔カウソウテンキヅ〕【高層天気図】
高層の大気の状態を示す天気図。現在は等圧面天気図が主体で、特定の等圧面の高度・気温・露点・風向・風速などが記入されている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パラグライダー用語辞典

高層天気図
パラグライダーに有効なのは850hpaと700hpaの高層天気図で、日本では850hpa(上空1500m付近)のものがよく使われる。高層天気図は地上天気図と違い等圧線ではなく等高線(実践)と等温線(点線)が描かれ、また空気の湿っているエリア(網かけ域)が示されている。クロスカントリー飛行では特に上空の風向・風速が重要になるため、必要に応じて高層天気図を利用する事がある。

出典:
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうそうてんきず【高層天気図】
上空の気象状況をみるための天気図。ふつう一定の高度ではなく,1000mb,850mb,700mb,500mb,300mb,250mb,200mb,100mbなどというように一定の気圧の面の天気図をつくり,その気圧の高度,その面の風向,風速,気温,露点温度などを記入し,等値線を引く。等圧面高度の高いところは地上天気図の高気圧,低いところは低気圧に相当し,風は等高線に平行に吹く。【高橋 浩一郎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

高層天気図
こうそうてんきず

上空の大気の状態を解析するための天気図。通常、等圧面天気図が用いられる。これは上空の特定の等圧面について、その高度、気温、風速、湿度(水蒸気量)などを解析するもので、データは主としてラジオゾンデ観測によって得られたものを使う。等圧面とは気圧の等しい面をいう。等圧面はわずかに起伏しながらほぼ水平に広がっており、鉛直方向には幾重にも重なり合って、上方の等圧面ほど気圧は低い。等圧面は高気圧のところで上方に膨れ上がり、低気圧のところで下方にへこんでいる。したがって等圧面の等高線を描くと、その等圧面の存在する付近の高さの気圧分布がわかる。通常、850ヘクトパスカル(高度約1.5キロメートルに相当)、700ヘクトパスカル(約3キロメートル上空)、500ヘクトパスカル(5~6キロメートル上空)、300ヘクトパスカル(約9キロメートル上空)の等圧面天気図がつくられ、200ヘクトパスカル(約12キロメートル上空)、100ヘクトパスカル(約16キロメートル上空)、30ヘクトパスカル(約24キロメートル上空)、10ヘクトパスカル(約30キロメートル上空)の等圧面天気図がつくられることもある。高層天気図は天気予報に利用されるほかに、航空機の運航に直接利用される。気象衛星から得られたデータも高層天気図の解析に用いられている。

[倉嶋 厚・青木 孝]

『丸山健人著『高層天気図を描く』(1986・新草出版)』『大塚龍蔵著、日本気象協会編『高層天気図の利用法――実地に即した高層天気図の見方』(1998・クライム気象図書出版部)』『下山紀夫著『気象予報のための天気図のみかた』(1998・東京堂出版)』『小倉義光著『総観気象学入門』(2000・東京大学出版会)』『福地章著『高層気象とFAX図の知識』(2001・成山堂書店)』『青木孝監修『図解 気象・天気のしくみがわかる事典』(2009・成美堂出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうそう‐てんきず カウソウテンキヅ【高層天気図】
〘名〙 高層大気中における気象状態の分布を表わした天気図。ラジオゾンデやレーウィンによって観測した風向、風速、気圧、気温などを図式化したもの。表わし方によって、等高度天気図、等圧面天気図、等温位面天気図等に分けられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高層天気図」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高層天気図の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation