@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高山寺【こうざんじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高山寺
こうざんじ
京都市右京区梅ヶ畑にある真言宗御室派の山号栂尾山 (とがのおざん) 。初めは華厳宗寺院であった。明恵上人が,後鳥羽上皇から華厳興隆のためにこの寺を与えられたので有名。鳥羽僧正筆とも伝えられる『鳥獣人物戯画』 (国宝) その他の絵画,工芸品や,宋版などの古文書を多く所蔵する。寺のうしろの山には,栄西禅師がもたらした茶の種子を植えた日本最古の茶園があり,栂尾茶と呼ばれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうざん‐じ〔カウザン‐〕【高山寺】
京都市右京区にある単立法人の寺。もと真言宗御室派の別格本山。山号は栂尾(とがのお)山。古く度賀尾寺といい、建永元年(1206)明恵(みょうえ)再興して現寺号に改めた。石水院と、寺宝の鳥獣戯画巻・明恵上人像は国宝。他に多数の古典籍類を所蔵。平成6年(1994)「古都京都の文化財」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

高山寺
△京都府京都市右京区▽にある寺院。真言宗系単立。山号は栂尾(とがのお)山。774年開創と伝わる。1206年、明恵(みょうえ)上人が再興し、華厳宗の道場として発展。石水院、鳥獣人物戯画、明恵上人像(いずれも国宝)など、多数の文化財を保有境内は国指定史跡。「古都京都の文化財」の一部としてユネスコの世界文化遺産に登録。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうざんじ【高山寺】
京都市右京区にある寺。山号は栂尾(とがのお)山,古義真言宗の別格本山。寺地清滝川清流にのぞみ,寺域は老木におおわれ,また紅葉の名所としても名高い。鎌倉時代の初め,この地にあった天台の古刹度賀尾寺(とがのおでら)が神護寺の文覚(もんがく)によって復興され,神護寺の別院となった。しかし,この寺はまもなく荒廃し,1206年(建永1),後鳥羽上皇の命を奉じた明恵(みようえ)(高弁)が華厳宗興隆の道場として再興した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうざんじ【高山寺】
京都市右京区にある真言宗の寺。山号、栂尾とがのお山。初め度賀尾寺と称した。1206年明恵みようえが再興して現名に改め、華厳宗復興の道場として栄えた。「鳥獣戯画」「明恵上人像」などの美術品のほか、特に貴重な典籍類が多い。また、紅葉の名所。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

高山寺
こうざんじ
京都市右京区梅ヶ畑栂尾(とがのお)町にある真言宗(しんごんしゅう)系の単立寺院。山号は栂尾山。774年(宝亀5)に光仁(こうにん)天皇の勅願によって開創。貞観(じょうがん)年間(859~877)、のちに13代天台座主(ざす)となり、また菅原道真(すがわらのみちざね)の怨霊(おんりょう)を鎮めたといわれる延暦寺(えんりゃくじ)の法性房尊意(ほっしょうぼうそんい)が当山で修行し、法力を得たと伝える。1206年(建永1)後鳥羽(ごとば)上皇の院宣により明恵上人(みょうえしょうにん)高弁は当寺を賜り、「日出先照高山之寺」の勅額より寺号を高山寺と称し、堂塔を復興した。さらに上皇は加茂(かも)の別宮石水院(せきすいいん)をここに移し、しだいに末院、坊舎なども増加し、寺運隆盛に向かった。このため明恵上人を中興開山とする。明恵上人は華厳(けごん)の大家であったので、当時は華厳宗の教学と真言宗の教学を兼ねた寺であったが、近世以後は真言宗専修の道場となった。1221年(承久3)の承久(じょうきゅう)の乱のとき、公家(くげ)方の将兵が大ぜい山中に逃れたので、明恵上人もこれに連座して北条泰時(やすとき)の兵に捕らえられたが、上人は泰時に無欲恬淡(てんたん)を説いて乱暴をやめさせたという。応仁(おうにん)の乱(1467~77)で焼失したが、織田、豊臣(とよとみ)、徳川の3氏がそれぞれ寺領を寄進し再興した。
 明治維新のときにも罹災(りさい)したがその後復興し、現在は境内に石水院(国宝)、金堂、開山堂などが建つ。石水院(五所堂)は鎌倉初期、中興当時の唯一の建物で、入母屋造(いりもやづくり)であるが、一部に春日(かすが)・住吉(すみよし)の社殿様式を取り入れた複雑な建築である。開山廟(びょう)域内の石造宝篋印塔(ほうきょういんとう)・如法(にょほう)経塔は国重要文化財で、寺宝の鳥獣人物戯画4巻、仏眼仏母画像、華厳宗祖師絵伝6巻、明恵上人像は国宝。そのほか、絵画、古経典、古文書、墨蹟(ぼくせき)などの国重要文化財は数多い。1994年(平成6)、世界遺産の文化遺産として登録された(世界文化遺産。京都の文化財は清水寺など17社寺・城が一括登録されている)。栂尾山にある茶園は、明恵上人が栄西(えいさい)から贈られた茶を初めて植えた所といわれ、11月8日には上人の廟前に茶を献供する。[祖父江章子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

高山寺
(長野県上水内郡小川村)
信州の古寺百選」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高山寺
(長野県上水内郡小川村)
信州のサンセットポイント100選」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうざん‐じ カウザン‥【高山寺】
京都市右京区梅ケ畑栂尾町にある真言系単立寺院。山号は栂尾山。宝亀五年(七七四)光仁天皇の勅願によって開創された神願寺都賀尾坊を、建永元年(一二〇六)明恵(みょうえ)が中興開山し、現名に改称。後鳥羽上皇の学問所を移した石水院(五所堂)や収蔵する「鳥獣人物戯画」、「華厳宗祖師絵伝」などは国宝。ほかに宋版書籍や鎌倉時代の古文書が多い。紅葉の名所として知られる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

高山寺
こうざんじ
京都市右京区にある真言宗御室 (おむろ) 派の寺
もと天台宗の度賀尾寺といったが廃絶し,1206年高弁明恵 (こうべんみようえ) が後鳥羽上皇の院宣を奉じて再興,高山寺と号し華厳宗興隆の道場とした。その後応仁の乱により荒廃したが,織田・豊臣氏によって復興された。寺内の石水院は国宝。その他『鳥獣戯画』『明恵上人像』(以上国宝)など文化財も多い。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高山寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高山寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation