@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高山帯【コウザンタイ】

デジタル大辞泉

こうざん‐たい〔カウザン‐〕【高山帯】
植物の垂直分布帯の一。森林限界より上、雪線より下の地帯植生により、地衣帯草本帯低木帯に分けられる。日本では、中部地方の標高2500メートル以上の山地をさす。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうざんたい【高山帯】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうざんたい【高山帯】
垂直分布による植物帯の一。森林限界以上で氷雪帯下限の雪線までの地帯。日本の中部の山では標高2500メートル 以上の地域。高山低木林・高山草原・寒荒原などが発達する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

高山帯
こうざんたい
垂直分布帯の一つで、日本ではハイマツ帯(本州中部の2500メートル前後の植生帯)をさすことが多いが、世界的にはハイマツなどの低木群落帯よりさらに上の、草本、矮性(わいせい)低木、蘚苔(せんたい)、地衣などによる丈の低い群落が支配的な地域に対する呼称である。ヨーロッパのアルプスでは海抜2500メートル以上に、本州中部(日本アルプス)では海抜2900メートル以上に現れる。北半球ではヒゲハリスゲ、チョウノスケソウなどの種属が広い地域に分布しており、周北極地方の寒帯の植物と密接な関連がある。[大場達之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうざん‐たい カウザン‥【高山帯】
〘名〙 植物の垂直分布帯の一つ。森林限界から雪線までの地帯。気温は常に低く、光線が強いため、こけ類、地衣類、高山植物と呼ばれる矮性低木や草本が生える。日本の中部地方では標高二五〇〇メートル以上の山地にみられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高山帯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高山帯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation