@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高山草原【こうざんそうげん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高山草原
こうざんそうげん
alpine meadow; alpine mat
山岳の森林限界以上の高山帯に発達し気候的極相を示す草原 (→お花畑 ) 。日本中部では標高約 2500m以上,年平均気温がだいたい0℃以下の地域に生じる。多くは多年生で,冬の凍結,夏の強烈な日光,乾燥に耐え,葉や茎に毛をもち,長い根をもつものが多い。夏の3ヵ月ぐらいの生育期間に一斉に開花して美観を呈する。岩石地,砂礫地には乾性高山草原が発達し,コマクサ,ミヤマコゴメグサ,チシマギキョウイワウメオンタデなどが生え,ガンコウラン,ツガザクラ,コケモモのような小低木が交る。水分が多く土壌が発達したところには湿性高山草原が発達し,ハクサンコザクラチングルマ,コバイケイソウなどが生じる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうざん‐そうげん〔カウザンサウゲン〕【高山草原】
森林限界以上の高山帯に発達する草原。高山植物が群生する、いわゆるお花畑になる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こうざんそうげん【高山草原】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうざん‐そうげん カウザンサウゲン【高山草原】
〘名〙 高山帯に発達する草原。高山植物からなり、しばしば美しいお花畑をつくる。低地草原に対していう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高山草原」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高山草原の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation