@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高峰秀子【たかみねひでこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高峰秀子
たかみねひでこ
[生]1924.3.27. 北海道,函館
[没]2010.12.28. 東京
映画女優。本名松山秀子。1929年松竹鎌田撮影所に入所,野村芳亭監督の『母』でデビューし,天才子役と呼ばれた。1937年 PCL東宝前身)に転じ,山本嘉次郎監督の『綴方教室』(1938),『』(1941)で人気スターとなる。第2次世界大戦後木下恵介監督,成瀬巳喜男監督らの日本映画を代表する作品に出演した。代表作に,日本初の本格的色彩映画『カルメン故郷に帰る』(1951),島の分校の女性教師を演じた『二十四の瞳』(1954),煩悶しながら敗戦後の日本をさまよう知的な女性を演じた『浮雲』(1955),灯台守の妻を演じた『喜びも悲しみも幾歳月』(1957),夫松山善三の初監督作『名もなく貧しく美しく』(1961),『華岡青洲の妻』(1967)など。1979年に『衝動殺人 息子よ』を最後に映画界を引退し,文筆業に生きた。エッセーわたしの渡世日記』(1976)で日本エッセイスト・クラブ賞受賞。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たかみね‐ひでこ【高峰秀子】
[1924~2010]映画女優。北海道の生まれ。本姓、松山旧姓平山。夫は映画監督の松山善三。5歳から子役として映画に出演し、「デコちゃん」の愛称で親しまれた。その後「綴方(つづりかた)教室」などのヒット作でヒロインを演じ、人気女優となる。戦後は木下恵介監督の「二十四(にじゅうし)の」「カルメン故郷に帰る」、成瀬巳喜男(なるせみきお)監督の「浮雲(うきぐも)」などに主演し、映画スターとして活躍した。著作に自伝的エッセー「わたしの渡世日記」などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

高峰秀子 たかみね-ひでこ
1924-2010 昭和-平成時代の女優。
大正13年3月27日生まれ。映画監督・松山善三の妻。松竹にはいり,昭和4年「母」の子役で映画デビュー。12年東宝にうつり,「綴方教室」「馬」などに出演。戦後,青春スターをへて「カルメン故郷に帰る」「二十四の瞳」「浮雲」「喜びも悲しみも幾歳月」などで演技派名声を獲得した。女優引退後はエッセイスト,脚本家として活躍。平成22年12月28日死去。86歳。北海道出身。文化学院中退。本名は松山秀子。著作に「わたしの渡世日記」(昭和51年日本エッセイスト・クラブ賞)など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

たかみねひでこ【高峰秀子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

高峰秀子
たかみねひでこ
(1924―2010)

女優。本名松山秀子。北海道函館(はこだて)生まれ。1929年(昭和4)5歳で松竹蒲田(かまた)作品『母』の子役でデビュー、数多くの作品に可憐(かれん)な容貌(ようぼう)とすなおな演技で活躍。1937年PCL(東宝の前身)へ転じ、『綴方教室(つづりかたきょうしつ)』『馬』などに好演。第二次世界大戦後はフリーとなり、『宗方姉妹(むねかたきょうだい)』『カルメン故郷に帰る』『稲妻』『雁(がん)』『女の園(その)』などに出演、とくに『二十四の瞳(ひとみ)』(1954)、『浮雲』(1955)では絶妙の演技をみせた。1955年(昭和30)木下恵介(けいすけ)の助監督松山善三と結婚、彼の第1回監督作品『名もなく貧しく美しく』(1961)にも主演。その後も、映画・テレビで活躍を続けた。著書に『巴里(ぱり)ひとりある記』(1953)、自伝『わたしの渡世日記』(1976。エッセイスト・クラブ賞受賞)など。

[長崎 一]

『『わたしの渡世日記』上下(朝日文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高峰秀子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高峰秀子の関連情報

関連キーワード

島津保次郎衣笠貞之助溝口健二村田実伊藤大輔清水宏山本嘉次郎ビダールビッチ内閣総理大臣

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation