@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高島北海【たかしま ほっかい】

美術人名辞典

高島北海
日本画家。山口県生。名は得三。地質学・植物学を学び、農商務省山林局に勤めた。画は初め独学で、のち大庭学僊に学ぶ。植物学の深い造詣を基礎とし、南画に写生を加えた清新な山岳画を描いた。日本美術協会幹事。文展審査員。昭和6年(1931)歿、82才。

出典:(株)思文閣

朝日新聞掲載「キーワード」

高島北海
山岳風景画で知られる明治~昭和初期の日本画家。絵は独学で学んだ。明治政府の技術官僚として地質調査や山林行政に20年以上携わり、山岳のスケッチを数多く残した。仏ナンシーの森林高等学校に留学中、植物や曲線を多用した装飾で知られるアールヌーボーの芸術家と交流。50代で本格的に画業で生計を立てるようになった。長門峡名付け親でもあり、県内各地の名勝の保存・開発に尽力した。
(2011-11-25 朝日新聞 朝刊 山口 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

高島北海 たかしま-ほっかい
1850-1931 明治-大正時代の日本画家。
嘉永(かえい)3年9月26日生まれ。幼少より絵を独学。フランスのナンシー森林高等学校に留学し,帰国後林務官となるが,明治32年退官。山岳画家となり東京勧業博などで受賞。文展審査員をつとめた。昭和6年1月10日死去。82歳。長門(ながと)(山口県)出身。本名は得三。作品に画冊「北海山水百種」など,著作に「写山要訣」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

高島北海」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高島北海の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation