@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高島炭鉱暴動【たかしまたんこうぼうどう】

世界大百科事典 第2版

たかしまたんこうぼうどう【高島炭鉱暴動】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

高島炭鉱暴動
たかしまたんこうぼうどう
長崎県西彼杵(にしそのぎ)郡高島町(現、長崎市高島町)にあった高島炭鉱では、明治期に17件の争議が発生している。一連の争議はほとんどみな暴動化したが、ことに1883年(明治16)9月のものは、7人の即死者が出るほど激しかった。高島炭鉱は、官営時代には囚人労働力を使用、1881年に岩崎弥太郎(やたろう)が買収してからは、「納屋(なや)制度(飯場(はんば)制度)」が広がって、人身的な隷属のもとで鉱夫に劣悪な労働条件を強いていた。これが一連の暴動の根本原因で、三宅雪嶺(みやけせつれい)が発刊した雑誌『日本人』が、88年に高島炭鉱の坑夫虐待問題でキャンペーンを張ると、それはたちまち世間の注目を浴び、一大社会問題となった。ことの重大さに政府も警保局長を現地に派遣して実情を調査させた。その結果、鉱夫への暴力的拘禁の事実が明らかになり、以後一定の是正措置が図られた。[三宅明正]
『隅谷三喜男著『日本賃労働史論』(1955・東京大学出版会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高島炭鉱暴動」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高島炭鉱暴動の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation