@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高島炭鉱【たかしまたんこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高島炭鉱
たかしまたんこう
長崎県長崎市南部の高島にあった,三菱高島炭鉱(→三菱鉱業セメント)経営の炭鉱。長崎市の南西海上約 15kmにある高島を中心とする海底炭鉱。元禄8(1695)年肥前藩平戸の五平太が発見し,対岸の深堀村から渡来して採炭し付近の塩田に供給したといわれ,その後長い間石炭の別名を五平太炭と称した。宝永年間(1704~11)に事業化された。幕末にいたり長崎港に入港する外国船の燃料として高島炭の需要が増加。慶応4(1868)年肥前藩とイギリスのグラバー商会(→グラバー)との協同で,深さ 43mの蒸気機関による洋式竪坑を掘削し,坑内にレールを敷設し炭車を使用した。北渓井坑(ほっけいせいこう)と命名されたこの竪坑は,日本の炭鉱における最初の西洋技術の導入であった。1873年7月日本坑法(日本最初の成文鉱業法)の公布に伴い 1874年1月官営となり工部省が管理,同年 12月には後藤象二郎へ払い下げられ,1881年4月岩崎弥太郎が譲り受け,以後三菱系の炭鉱となった。長崎炭田(西彼杵炭田)南部地区にあって高島炭田ともいわれ,古第三紀高島層群の端島層には 8枚の炭層があり累計層厚 14~16m,このうち海面下 500~600m,傾斜 25°~35°の炭層 4枚が採掘されていた。炭質は中粘結性の優良な原料炭。1986年11月閉山。国指定史跡。2015年竪坑跡が高島炭坑として世界遺産の文化遺産「明治日本の産業革命遺産製鉄製鋼造船石炭産業」に登録された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

高島炭鉱
長崎港の南西約14・5キロに浮かぶ離島・高島では、明治初期から本格的な石炭採掘が始まった。面積1・27平方キロメートルの島に一時、最大約1万8千人が居住。その後、燃料の主役が石炭から石油に移り、1986(昭和61)年11月に閉山した。日本で最初の蒸気機関による竪坑(たてこう)「北渓井坑(ほっけいせいこう)」があり、今年7月に世界遺産登録された「明治日本の産業革命遺産」の構成資産の一つ。
(2015-10-23 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

たかしま‐たんこう〔‐タンクワウ〕【高島炭鉱】
長崎県高島町(、長崎市)の海底炭田。慶応3年(1867)日本で最初に洋式採炭法が行われた。昭和61年(1986)閉山。平成27年(2015)「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たかしまたんこう【高島炭鉱】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

高島炭鉱
たかしまたんこう
長崎県長崎半島の西方にあった海底炭田。現在の長崎市に位置する。口碑によれば、元禄(げんろく)~宝永(ほうえい)年間(1688~1711)平戸(ひらど)の領民五平太(ごへいた)が野焼きの際に石炭を発見、たぬき掘りで採炭がされたと伝えられる。1868年(明治1)佐賀(さが)藩とトーマス・グラバーThomas Blake Glover(1838―1911)の共同経営によって北渓井坑(ほくけいせいこう)(深さ45メートル)が掘られ、日本最初の洋式採炭が行われた。1874年官有、さらに後藤象二郎(ごとうしょうじろう)に払い下げられ、1881年政商岩崎弥太郎(やたろう)に譲渡された。このころ「納屋(なや)制度(飯場(はんば)制度)」によって、経営者は坑夫を人身的隷属関係において支配し、納屋頭(がしら)の坑夫への私的制裁は惨状を極めた。坑夫もまた暴動を起こして抵抗が繰り返された。1893年、岩崎は三菱財閥(みつびしざいばつ)の萌芽(ほうが)をなす三菱合資会社を設立、高島炭鉱を経営、1899年蠣瀬(かきせ)立坑(深さ168メートル)を完成。1906年(明治39)ガス爆発によって死者307人の犠牲者を出したが、1907年には二子(ふたご)斜坑、1965年(昭和40)には二子立坑(深さ966メートル)を完成、年とともに海底深くに坑道を開き、日本有数の海底炭田となった。1966年の最盛期には出炭量154万トン、従業員3000人に達したが、その後の生産縮小によって、1978年には出炭量72万トン、従業員1070人となった。炭質は高カロリーの弱粘結炭で、出炭量の80%は原料炭としてガス・コークス用に北九州・大阪方面の鉄鋼業界へ、20%は一般炭として火力発電所用に供給された。
 石炭の斜陽化によって、全国的に炭坑の閉山が相次ぎ、1974年、高島炭鉱に属する端島(はしま)炭坑、中ノ島炭坑が閉山し、さらに二子炭坑も1986年閉山、池島炭坑のみがただ一つの海底炭田として採炭を続けていたが2001年(平成13)に閉山した。[石井泰義]
 2015年(平成27)、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の一つとして世界遺産の文化遺産に登録された。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高島炭鉱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高島炭鉱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation