@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高島【たかしま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高島
たかしま
滋賀県北西部,高島市南部の旧町域。琵琶湖西岸にある。 1943年大溝町と高村,水尾村の2村が合体して町制。 2005年マキノ町,今津町,朽木村,安曇川町,新旭町の5町村と合体して高島市となった。中心地区の勝野は古くは勝野津と呼ばれ,若狭方面からの年貢米の船積み地で,江戸時代は大溝藩分部氏2万石の城下町として発展。米作が主で,織物業,酒造業もある。比良明神をまつる白鬚神社 (本殿は国の重要文化財) ,近藤重蔵の墓,の浜水泳場などで知られる。南部と湖岸一帯は琵琶湖国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高島
たかしま
長崎県南部,長崎市南部の旧町域。長崎湾にある高島,中ノ島,端島で構成される。 1948年町制。1955年高浜村の一部(瑞島)と合体。2005年長崎市に編入。高島と端島は海底炭田(→高島炭鉱)の坑口を有し,高カロリーの原料炭を産してきたが,そのうち軍艦島と呼ばれた端島は 1974年に,高島は 1986年に鉱した。高島は宝永年間(1704~11)以来といわれる採炭の歴史をもち,幕末には肥前藩営で採掘が行なわれ,慶応4(1868)年にトマス・ブレーク・グラバーとの協同により操業された日本最初の洋式設備をもつ炭鉱であった。グラバー別邸跡,石炭資料館などがある。高島炭坑と端島炭坑はいずれも国指定史跡で,2015年世界遺産の文化遺産に登録された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高島
たかしま
徳島県北東端,鳴門市に属する鳴門三島の1つ。東に大毛島北西島田島が接近し,その間の内ノ海は真珠ハマチ養殖場。島の大半を占める藩政時代以来の塩田跡地には,国立鳴門教育大学が建設された。面積 2.37km2人口 2233 (1996) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高島
たかしま
佐賀県北西部,唐津湾にある島。唐津市に属し,メサ (テーブル) 状の玄武岩台地から成る。漁業が主で畑作を兼ね,ノリ養殖もみられる。唐津の中心市街地から約 3kmのにあり,定期船が通じる。玄海国定公園に属する。面積 0.62km2。人口 368 (2000) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高島
たかしま
大分県東部,佐賀関半島沖合い 3.5kmの速吸瀬戸にある無人島大分市に属する。最高点は 146m。 1924年豊予要塞の一部として砲台が築かれた。第2次世界大戦後は一時,戦災孤児のための高島共和園がつくられたが,1953年以後は再び無人島。夏季にはキャンプ場のほか,釣り場として利用される。 1956年瀬戸内海国立公園に指定。亜熱帯性植物のビロウハマユウ,アコウ自生地の北限,ウミネコ繁殖地の南限とされる。面積 0.8km2

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高島
たかしま
宮崎県北東端,日向灘に浮かぶ無人島。延岡市に属し,宮野浦港の南方約 3.5kmに位置する。周囲約 2km,面積約 0.2km2ビロウの自生地が国の天然記念物に指定されている。日豊海岸国定公園に属する。付近はハマチの養殖場。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高島
たかしま
繊維・建材商社。1915年,繊維製品の販売を目的として高島屋商店として創立。1931年株式会社に改組。1939年に高島屋工業に改称して,1949年現社名となる。その後,電子部品の取り扱いを開始し,1994年からは太陽光発電システムの普及に取り組むなど,多角化を推進している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

高島
唐津市千代田町の乗り場からフェリーで約10分。海上タクシーもある。島の船着き場から神社までは徒歩で5分ほど。近くの「宝当乃館」は宝くじはもちろん、宝当グッズも買えるお土産スポット。
(2017-12-09 朝日新聞 朝刊 宮崎全県・2地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

たかしま【高島】[滋賀県の市]
滋賀県北西部にある市。近畿中心部と北陸を結ぶ西近江路、若狭路が縦貫する。平成17年(2005)1月にマキノ町、今津町、朽木(くつき)村、安曇川(あどがわ)町、高島町、新旭町が合併して成立。人口5.2万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たかしま【高島】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たかしま【高島】[長崎県の旧町名]
長崎県西彼杵(にしその)にあった町。高島・中ノ島・端(は)島からなり、海底炭田で知られた。平成17年(2005)1月に長崎市に編入。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

高島
島根県益田市北部の土田地区の北方、約12kmに位置する無人島。高島灯台がある。かつては有人島だったが、1972年の集中豪雨で大きな被害を受け、住民集団移転して無人島化した。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高島
岡山県岡山市、児島湾内にある花崗岩の無人島。笠岡諸島の最北端に位置し、国の名勝に指定されている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高島
香川県高松市庵治町にある無人島。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高島
愛媛県宇和島市九島南西宇和島港の西約5.6kmに位置する無人島。西予市にある高島とは別の島。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高島
愛媛県西予市三瓶町下泊の北西沖、宇和海に浮かぶ無人島。宇和島市の高島とは別の島。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高島
長崎県西海市西彼町、亀浦郷の恵比須鼻東方の大村湾に浮かぶ無人島。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高島
大分県大分市、佐賀関半島の先端から東へ約3.7km、豊予海峡に浮かぶ無人島。第二次世界大戦後に、戦災孤児のための保護施設が作られたが、1953年に廃止されて無人島化。ウミネコの営巣地の南限としても知られる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高島
宮崎県延岡市北浦町、宮浦地区の南方に位置する無人島。亜熱帯性植物のビロウ自生の北限地として、国の天然記念物に指定されている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高島
△岡山県笠岡市▽、笠岡港の沖約12キロメートル、笠岡諸島の島々のうち、最も本土近くに位置する島。面積約1.05平方キロメートル。「古事記」に見られる高島行宮(あんぐう)は当地をさすとも言われている。島東部の神卜(かみうら)山山頂には「子はらみ石」と呼ばれる巨石がある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高島
△佐賀県唐津市▽、唐津湾の松浦川河口部から約2.5キロメートルに位置する玄海諸島の島。面積約0.62平方キロメートル。島の産土神を祀る塩屋神社の境内社である宝当神社は、その名から宝くじの当選祈願にご利益があると言われ、全国的に有名。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高島
△長崎県平戸市▽の南西端にある平戸諸島の島。宮ノ浦地区の西約1.5キロメートルに位置する。面積約0.25平方キロメートル。太平洋戦争の際に設置された砲台跡がある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高島
△長崎県長崎市▽の南西、伊王島の南方約5キロメートルに位置する島。面積約1.19平方キロメートル。明治・大正・昭和にかけて石炭産業で栄えた。炭鉱は1986年に閉山、跡地には石炭資料館が設置されている。高島での石炭事業を成功させた三菱財閥の創業者、岩崎弥太郎銅像がある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高島
△長崎県佐世保市▽、本土の相浦港の西方沖約7キロメートルに位置するタツノオトシゴのような形の島。面積は約2.56平方キロメートル。島南部の番岳(標高136メートル)には幕末に異国船の見張所が置かれた。漁業が盛んでカマボコなどが特産品。平戸市に属する同名の島とは異なる島。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

高島
正式社名「高島株式会社」。英文社名「TAKASHIMA & CO., LTD.」。卸売業。大正4年(1915)前身の「合名会社高島屋商店」設立。昭和6年(1931)株式会社化。同24年(1949)現在の社名に変更。本社は東京都千代田区神田駿河台。商社。発祥の繊維製品から取扱品目を多角化。主力は建材。ほかに鉄道車両用部材・電子機器・アパレル製品など。東京証券取引所第1部上場。証券コード8007。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

たかしま【高島】
滋賀県北西部、琵琶湖西岸に位置する市。古くから湖西の交通の要衝として発展。安曇あど川下流域は水田地帯、山間部では林業が中心。扇骨業で知られる。中江藤樹の生地。
長崎県南部、長崎市の旧炭鉱町。長崎半島沖合の小島、高島・端島(俗称、軍艦島)などから成り、海底炭田から良質の粘結炭を産出した高島炭田は1986年(昭和61)閉山。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たかしま【高島】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たかしま【高島】
[一] 滋賀県北西部の地名。琵琶湖の西岸にある。西近江路が南北に通じ、今津から若狭街道(九里半街道)が分かれる。平成一七年(二〇〇五)市制。
[二] 長崎県南部、長崎半島西方沖合の島。長崎市に属する。江戸時代から開発された旧海底炭鉱の島。
[三] 北海道南西部、小樽湾の西北にあった郡名。明治二年(一八六九)後志(しりべし)国の一郡として成立。同四三年後志支庁の所属となったが、昭和一五年(一九四〇)小樽市に編入されて消滅。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たかしま【高島】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation