@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高平=ルート協定【たかひら=ルートきょうてい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高平=ルート協定
たかひら=ルートきょうてい
Root-Takahira Agreement
1908年 11月 30日に成立した日露戦争後の太平洋,中国問題に関する日米間の協定。正式には「太平洋方面に関する日米交換公文」という。駐米大使高平小五郎とアメリカ国務長官 E.ルートとの間で交換された外交文書から成り,そのおもな内容は,太平洋地域における両国現状維持,相互の領土尊重,清国の独立領土保全,商業上の機会均等主義の尊重などである。この協定によって日本はフィリピンなどに対する領土的野心がないことを表明し,またアメリカは満州における日本の特殊権益を暗に認めている。日露戦争後の日米関係の対立解消の一手段となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たかひらるーときょうてい【高平=ルート協定】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

高平=ルート協定」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高平=ルート協定の関連情報

関連キーワード

国木田独歩監獄法国木田独歩グリフィス西園寺公望内閣新聞小説光緒帝内閣総理大臣キュビスムクリーマー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation