@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高平‐ルート協定【たかひらるーときょうてい】

日本大百科全書(ニッポニカ)

高平‐ルート協定
たかひらるーときょうてい
日露戦争後深まった日米の対立を緩和する目的で、1908年(明治41)11月30日、ワシントンで、駐米大使高平小五郎(1854―1926)とアメリカ国務長官エリヒュー・ルートとの間で交換された「太平洋方面に関する日米交換公文」をいう。太平洋における両国商業の自由平穏な発達、現状維持、所領の尊重、清(しん)国の独立および領土保全ならびに清国における列国商工業の機会均等、これらを侵迫する事件発生に際しての日米両国の協商など、5項目からなっている。高平大使がこの5項目を含む書簡をルート国務長官に送り、ルートがそれを確認する書簡を高平大使あてに返す形式をとっている。[中塚 明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

高平‐ルート協定
たかひら‐ルートきょうてい
1908年,駐米大使高平小五郎とアメリカ国務長官E.ルートとの間で成立した太平洋・中国問題に関する協定
日露戦争後の日米協調をはかるのが目的。両国商業の自由な発達奨励,両国領土の現状維持,清国における商工業機会均等,清国の独立領土保全などを規定した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高平‐ルート協定」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高平‐ルート協定の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation