@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高度成長【こうどせいちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高度成長
こうどせいちょう
high economic growth
国民総生産 GNP成長する速度がきわめて速い状態をいう。第2次世界大戦後の日本経済の急成長はその典型的な例である。 1952~72年度にわたる 20年の日本の実質 GNP年平均成長率は 9.4%で,世界経済あるいは先進工業国の平均成長率の5%程度に比べても,さらには戦前の日本経済の約4%と対比しても,きわだった高度成長であった。この原因としては経済民主化の進展に伴う国内市場の拡大,財政支出に占める軍事費の低下,先進工業国水準の達成を目指した技術革新と消費様式の変化,戦前の遺産としての経済の二重構造がもたらした低廉で豊富な労働力,高い教育水準,高い貯蓄率と資本蓄積を促進する諸制度など,さまざまな事情をあげることができる。しかしこうした日本の高度成長も 73年末の石油危機転機として終ったというのが通説となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうど‐せいちょう〔カウドセイチヤウ〕【高度成長】
急激な経済成長。特に、昭和30年代から第一次石油危機が起こった昭和48年(1973)にかけての日本経済をいう。高度経済成長。「高度成長政策」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こうどせいちょう【高度成長】
経済規模の急激で継続的な拡大。特に1950年代半ばから73年の石油ショックまでの間、日本の経済成長率が年平均10パーセントを超えていたことをいう。高度経済成長。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうど‐せいちょう カウドセイチャウ【高度成長】
〘名〙 経済成長率が高いこと。特に、池田内閣の「所得倍増計画」が発表された昭和三五年(一九六〇)から、同四八年の石油ショックまでの時期の日本の急激な経済成長をいう。〔流通革命(1962)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高度成長」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高度成長の関連情報

関連キーワード

GNP比1%枠NNW国民所得NNWグリーンGNP限界輸入性向ディスプロダクト福祉経済輸入需要所得弾力性援助量の国際目標

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation