@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高度経済成長【こうどけいざいせいちょう】

世界大百科事典 第2版

こうどけいざいせいちょう【高度経済成長】
1960年代の日本経済は,明治維新以来の日本の経験に例がなく,諸外国にもをみないほど,急速な経済成長を遂げた。それを高度経済成長ないし単に高度成長と呼ぶ。またこの時期ないしこの時期を中心とした十数年間を高度成長期という。
【経済】
 この時期には実質成長率が10%を超える年がほぼ続いている(図)。1960年代全体の年平均実質成長率は10.7%であり,50年代の8.8%,70年代の4.5%よりも,明らかに高い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル大辞泉

こうど‐けいざいせいちょう〔カウドケイザイセイチヤウ〕【高度経済成長】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高度経済成長」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高度経済成長の関連情報

関連キーワード

新藤兼人磯崎新川添登国際通貨問題メタボリズム安保闘争教育改革黒人文学コーマン鈴木清順

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation