@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高度【こうど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高度
こうど
altitude
天文学では,地平線から天体までの角距離 (視距離 ) をいう。地球上の観測者は,天体の位置を表わすのに高度と方位角を使う地平座標を用いる。天体のの位置を示すには,大気による屈折の効果 (→大気差 ) を補正して,真の高度を求める必要がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐ど〔カウ‐〕【高度】
[名]
高さの度合い。海水面からの高さ。「一万メートルの高度で飛ぶ」
天体が地平線からどれだけ上に見えるかを示す角度。天頂距離の余角。高度角
[名・形動]程度の高いこと。また、そのさま。「高度な(の)経済成長」「高度に機械化された文明

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうど【高度 altitude】
(1)地理学の高度。基準面から測ったある地点までの垂直距離で,海抜高度あるいは標高という。日本では〈東京湾中等海面〉を基準面としている。(2)天文学の高度。目標とする点が水平方向よりどれだけ上の方向に見えるかを示す角度のこと。〈太陽の南中する高度は55度〉というように使われる。仰角ともいう。地平座標の一つで,目標点がどの方向にあるのかを正確に表すため,方位角とともに用いられることが多い。(3)航空機の高度。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうど【高度】
高さの程度。平均海水面、または地面からの高さ。
天体と観測者を結ぶ直線が地平面となす角度。天体に対する仰角。
形動 [文] ナリ 
程度が高いさま。 -に機械化された工場 -の文明

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐ど カウ‥【高度】
〘名〙
① 高さの度合。平均海水面からの垂直距離。高さ。→海抜標高
※日本風俗備考(1818頃)七「星学は日本人殊に精研せり〈略〉土地の高度距離長短を算測するに至れり」
※春六題(1921)〈寺田寅彦〉六「磁石とコムパスで此等の雲の大凡の方角と高度を測って」
② 天文学で、天体またはそのほかの物体が、観測点における重力の方向に垂直な水平面となす角度。水平面から上方をプラス、下方をマイナスとして測定する。仰角。〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕
③ (形動) 物事の度合が高いさま。
※己が罪(1899‐1900)〈菊池幽芳〉前「遂に高度(カウド)の憂欝症に陥いったものですな」
※憲法講話(1967)〈宮沢俊義〉七「政党の組織が高度に発達して」
④ 度数で表わす数量が大きいこと。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「泰西各国の緯度は、本邦に比すれば、高度におるゆへ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高度の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation