@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高感度CRP(hs-CRP)【こうかんどしーあーるぴー】

生活習慣病用語辞典

高感度CRP(hs-CRP)
微量のC反応たんぱく質 (炎症時に増加するたんぱく質) の増減を感知する検査で、動脈硬化や狭心症などの心臓の病気の診断、管理に用いられています。また、炎症過程の 1 つの指標とされています。QUPiO ではこの数値は 0.1mg/ dl 未満を正常値としています。

出典:あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)
Copyright (c) 2008-2010 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高感度CRP(hs-CRP)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高感度CRP(hs-CRP)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation