@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高時【タカトキ】

デジタル大辞泉

たかとき【高時】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

たかとき【高時】
新歌舞伎十八番の一。「北条九代名家功ほうじようくだいめいかのいさおし」の上の巻の通称。活歴物。河竹黙阿弥作。1884年(明治17)東京猿若座初演。傲慢な北条高時を田楽法師に化けた烏天狗からすてんぐがさんざんになぶる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

高時
たかとき
歌舞伎(かぶき)劇。時代物。1幕。河竹黙阿弥(もくあみ)作。「新歌舞伎十八番」の一つ。1884年(明治17)11月、東京・猿若座で9世市川団十郎が初演。原名題(なだい)を『北条九代名家功(ほうじょうくだいめいかのいさおし)』といい、『太平記』に取材して、本間山城守(やましろのかみ)の大館(おおだて)次郎討伐(中の巻)、新田義貞(にったよしさだ)の話(下の巻)を含めた3巻の活歴(かつれき)物だったが、上の巻の「高時天狗(てんぐ)舞」だけが後世に残り、「高時」の名題で上演される。暴威を振るう執権北条高時が、田楽(でんがく)法師の姿で現れた大ぜいの天狗(てんぐ)に翻弄(ほんろう)される話。人界最高の権力者が魔界の力に屈伏するという作意や、高時が幕開きに横向きに座っていたり、幕切れに天をにらむ演出が斬新(ざんしん)であった。[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たかとき【高時】
歌舞伎脚本「北条九代名家功(ほうじょうくだいめいかのいさおし)」の上の巻の通称。活歴物。河竹黙阿彌作。天狗(てんぐ)達が住吉の田楽法師となって現われ、おごった北条高時をなぶり、虚空を飛んで笑う。新歌舞伎十八番の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

高時
たかとき
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
河竹黙阿弥
初演
明治17.11(東京・猿若座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高時
(通称)
たかとき
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
高時天狗舞 など
初演
享保12.11(江戸・中村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高時」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高時の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation