@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高梁(市)【たかはし】

日本大百科全書(ニッポニカ)

高梁(市)
たかはし

岡山県中西部、高梁川の中流域にある市。明治初年までは松山と称した。1954年(昭和29)上房(じょうぼう)郡高梁町と同郡の津川、川面(かわも)、巨瀬(こせ)の3村、川上(かわかみ)郡宇治、玉川、松原、落合、高倉の5村が合併して市制施行。1955年上房郡中井村を編入。2004年(平成16)上房郡の有漢町(うかんちょう)、川上郡の成羽町(なりわちょう)、川上町、備中町(びっちゅうちょう)と合併。なお、この合併により川上郡は消滅した。市域の大部分は吉備(きび)高原で、西部は広島県と接する。中東部を高梁川が南流し、北東から有漢川、西方から成羽川が合流する。JR伯備(はくび)線、国道180号、313号、484号が通じ、岡山自動車道の有漢インターチェンジがある。高梁川左岸の狭長な高梁盆地が中心地区。かつての備中松山藩の城下町で、人口が集中している。

 古代の巨勢(こせ)郷、近似(ちかのり)郷、穴田(あなた)郷、有漢(うかに)郷などの地で、大部分は国衙(こくが)領、巨勢郷は長講堂領であった。1240年(仁治1)秋葉氏が高梁川左岸の臥牛(がぎゅう)山(478メートル)の一峰大松山に築城し、4代ののち高橋氏にかわるが、そのころから松山は備中の政治の中心となった。戦国時代には大名間の争奪の地となり、江戸時代も松山藩主は池田、水谷(みずのや)、安藤、石川の諸氏が交代し、1744年(延享1)板倉氏が入封して明治に至った。成羽地区は、近世初期一時成羽藩が置かれ、そのあとには交替寄合(こうたいよりあい)山崎氏5000石の陣屋町であった。備中地区の黒鳥(くろとり)には1853年(嘉永6)以後陣屋が置かれた。1869年(明治2)松山藩は高梁藩と改称、その後高梁県を経て岡山県に編入した。

 松山城下町は松山城の南麓(なんろく)に御根小屋と称する藩主の居館を中心につくられた。城下はまた高梁川舟運の川湊(かわみなと)としても繁栄し、今日も問屋の倉庫群におもかげを残す。大正期の国鉄(現、JR伯備(はくび)線)の開通やバス交通の発達で上房、川上両郡の中心地となったが、自動車交通の発達で中心地としての機能は低下した。岡山県備中県民局高梁支局が置かれている。1990年吉備国際大学が開学した。産業は農林業が中心で、米作、野菜、ブドウ、モモなどの果樹栽培、タバコ栽培、畜産などが盛ん。伝統工芸に漆工芸などもある。成羽川には中国電力の新成羽川ダムと同発電所があり、同川沿いの舟運開削の碑「笠神の文字岩(かさがみのもじいわ)」(国指定史跡)は、1969年ダムの建設により水没したが、複製品が置かれている。阿部地区には工業団地がある。古くからの牛市(いち)は現在でも毎週火曜日に行われる。また、吹屋地区(ふきやちく)は平安時代から銅を採掘し、鉱山町として栄えたが、1972年閉山。江戸末期から明治にかけての建物が多く残る吹屋の町並みは国の重要伝統的建造物群保存地区となっている。

 備中松山城(国史跡)の天守など3棟、絹本着色『釈迦三尊(しゃかさんぞん)像』(頼久(らいきゅう)寺蔵)は国の重要文化財。臥牛山のサル生息地、大賀の押被(おしかぶせ)は国の天然記念物。神野(ほや)のドリーネなど石灰台地特有の地形にみるべきものが多い。成羽には中生代三畳紀(約1億8000万年前)の植物群化石である成羽植物群が分布する。磐窟谷(いわやだに)、小堀遠州(えんしゅう)のつくった頼久寺庭園は国の名勝。旧備中(びっちゅう)国一円に伝わる備中神楽(かぐら)(国の重要無形民俗文化財)保存会がある。松山踊りは藩政時代からの盆踊りである。面積は546.99平方キロメートル、人口3万2075(2015)。

[由比浜省吾]

『『高梁市史』(1979・高梁市)』『『高梁市史』増補版全2巻(2004・高梁市)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高梁(市)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高梁(市)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation