@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高梁市【たかはし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高梁〔市〕
たかはし
岡山県中西部,高梁川中流域の吉備高原にある市。 2004年 10月,旧高梁市と有漢成羽川上備中の4町が合併して新市となる。吉備高原上の畑では,ビール麦,タバコ,コンニャクイモを産し,乳牛肉牛を飼育する。備中ウルシは国内でも屈指の高品質を誇る。北部の吹屋は旧鉱山町で,べんがらの製造も盛んであった。赤銅色の瓦で統一された町並みは,伝統的建造物群保存地区に指定されている。臥牛山上にある備中松山城は,城郭は現存する唯一の山城で,城跡全体は史跡,天守閣は重要文化財。有漢の臍帯 (ほそお) 寺の石幢,石塔婆はともに重要文化財。備中神楽は重要無形民俗文化財に指定されている。磐窟谷 (いわやだに) ,頼久寺庭園 (小堀遠州作) は名勝大賀デッケンの名で知られる大賀の「押しかぶせ構造」と,臥牛山のサル生息地は天然記念物。臥牛山一帯は高梁川上流県立自然公園に属する。 JR伯備線,岡山自動車道,国道 180号線,313号線,484号線が通じる。面積 546.99km2。人口 3万2075(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たかはし‐し【高梁市】
高梁

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高梁市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高梁市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation