@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高橋進【たかはしすすむ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高橋進
たかはしすすむ
[生]1902.1.1. 茨城,下妻
[没]1984.10.19. 東京,文京
宝生流シテ方の楽師。塚田勝美の三男だが,高橋頼治の養子となる。近藤乾三に師事し,のちに16世宝生九郎(知栄)の内弟子となる。1915年『鞍馬天狗』の花見で初舞台。1917年,17世宝生九郎(重英)の門下となり,1918年『岩船』で初シテ。1940年『道成寺』,1969年『卒都婆小町』を初演。『善知鳥』のシテで 1969年度芸術祭賞優秀賞,『卒都婆小町』で 1976年度芸術選奨文部大臣賞。1978年,重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。地頭として抜群の統率力をもち,後進の育成にも尽力した。高浜虚子の門下で,著作に『すゝむ句集』(1972)がある。長男が高橋章,その息子が高橋亘。(→

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たかはしすすむ【高橋進】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

高橋進
たかはしすすむ
(1902―1984)
能役者。宝生(ほうしょう)流シテ方。12歳で近藤乾三(けんぞう)に入門。続いて明治三名人の1人先代宝生九郎に師事。松本長(ながし)、野口兼資(かねすけ)の後輩として、田中幾之助(いくのすけ)の先輩として流儀に重きをなした。洒脱(しゃだつ)な人格、堅実、重厚な演技は能界の指標として仰がれ、その謡の力感、リズムのみごとさは比類がなかった。1978年(昭和53)重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。高浜虚子(きょし)門下として、俳句にも優れた作が多い。後継者に高橋章(あきら)、高橋勇(いさむ)がある。[増田正造]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高橋進」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高橋進の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門正岡子規熱雲サウド家シング(John Millington Synge)メリエス[各個指定]芸能部門バルフォアマーラーレハール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation