@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高次化合物【こうじかごうぶつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高次化合物
こうじかごうぶつ
compound of higher order
一次化合物 (普通の意味での原子価を飽和して形成されている分子) の間でさらに結合を生じて生成された化合物。 [Co(NH3)6]Cl3 などの金属錯塩で配位結合を含む配位化合物電荷移動錯体塩類の水和物など,比較的容易に分解できる分子化合物が該当する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

高次化合物
コウジカゴウブツ
compound of higher order

普通の原子価を満足している二元的な化合物(一次化合物)に対し,形式上これらが二つ以上結合してできた化合物の総称.例:ミョウバンK2SO4・Al2(SO4)3・24H2O,ヘキサシアノ鉄(Ⅱ)酸カリウムK4[Fe (CN)6].高次化合物には,配位化合物(錯体),分子化合物,分子間化合物,付加化合物などが含まれる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高次化合物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高次化合物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation