@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高歓【こうかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高歓
こうかん
Gao Huan; Kao Huan
[生]太和20(496)
[没]武定5(547)
中国,東魏 (→北魏 ) の実権者で北斉王朝の事実上の創建者。北になって神武皇帝と諡された。正史によると渤海郡の人であるが,事実は北魏の懐朔鎮におかれた鮮卑系の武人出身である。北魏末の六鎮の乱に加わったが,やがて爾朱栄に帰服し,爾朱栄の死後河北に出,渤海郡の豪族高乾らと結んで爾朱氏を破り,その根拠地山西を取り,孝武帝を擁して北魏の実権を握った。永煕3 (534) 年帝が宇文泰のもとに逃れると,孝静帝を立てて 鄴 (ぎょう) を都とし,東魏の実権者となった。北魏の漢化政策に不満をもった鮮卑系士庶を基盤として華北要部を支配。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうかん【高歓 Gāo Huān】
496‐547
中国,東魏政権の創立者。北斉朝,高祖と諡(おくりな)される。正史に勃海・蓚(河北省)の人と記すが,別名賀六渾からも知られるように,北族系または北族化した漢人であろう。祖父謐(ひつ)のとき法を犯して懐朔鎮(内モンゴル包頭(パオトー北方)に流刑となり,高歓も同地の鎮兵であった。北魏末,乱世の兆しを見て野心を抱き,同志侯景らと革命を計画した。たまたま六鎮の乱が起こり,群雄のもとを転々としたのち爾朱栄のもとに身を投じた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

高歓
こうかん
(496―547)
中国、東魏(とうぎ)の実権者。正史には漢人名族出身と記すが、鮮卑(せんぴ)種と思われる。北魏北辺の懐朔鎮(かいさくちん)の卑職にあったが、六鎮(りくちん)の乱に参加、ついで実力者爾朱栄(じしゅえい)に降(くだ)ってその有力な部将となった。栄の死後、栄に降伏していた北鎮の旧反乱民を掌握し、河北の漢人豪族と結んで爾朱氏を打倒し、孝武帝を擁立した。孝武帝が関中に拠(よ)る宇文泰(うぶんたい)のもとに奔(はし)ると、孝静帝をたてて(ぎょう)に遷都させ、北魏は東西に分裂した。東魏において彼は大丞相(じょうしょう)、都督中外諸軍事として晋陽(しんよう)に府を開き、西魏の宇文泰と対峙(たいじ)する一方、長子の高澄(こうちょう)に派遣して朝廷を制肘(せいちゅう)し、諸功臣の抑圧を遂行した。のちに北斉(ほくせい)を建てた文宣帝高洋は歓の第2子である。[窪添慶文]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐かん カウクヮン【高歓】
中国、南北朝北斉の高祖。後魏の孝荘帝が殺されると、孝武帝を擁立し、渤海王に封ぜられた。帝が宇文泰のもとに走ると孝静帝を即位させ、後魏を東西に分裂させ、東魏の実権を握って、北斉の事実上の創始者となる。後に高祖神武帝と諡された。(四九六‐五四七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高歓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高歓の関連情報

関連キーワード

闔閭ゲラシウス1世闔閭春秋五覇夫差闔閭都市再生機構と関連財団、企業鉱工業生産指数アイセロ化学民間金融機関のギリシャ支援

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation