@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高灯籠【タカトウロウ】

デジタル大辞泉

たか‐とうろう【高灯籠】
《「たかどうろう」とも》
石灯籠の一。台石をピラミッド形にいく層にも高く積み重ねたもの。
人の死後、七回忌まで毎年盂蘭盆(うらぼん)のある7月に高く立てる灯籠 秋》「―滅(き)えなんとするあまたたび/蕪村
高い櫓(やぐら)の上部にを入れて、船の航行標識としたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たか‐とうろう【高灯籠】
〘名〙 (「たかどうろう」とも)
① 石灯籠の一つ。台石を幾層にも重ねて高く作ったもの。
② 人の死後七回忌まで、その霊を慰めるために、盂蘭盆会(うらぼんえ)のある七月に立てる高い灯籠。また、特に関東・東北で新盆の家が高い竿につけてともす灯籠。《季・秋》
※俳諧・佐夜中山集(1664)三「寺々や世上に眼高灯籠〈重頼〉」
③ 高い櫓(やぐら)の上部に灯をともし、船の航行を助けたもの。灯台。
※新板なぞづくし(1830‐44)一「住吉高燈(タカトウロウ)(とかけて)色事の出合(ととく心は)松からうへぢゃ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高灯籠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高灯籠の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation