@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高田飴【たかだあめ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

高田飴
たかだあめ
新潟県上越(じょうえつ)市の名物飴。十返舎一九(じっぺんしゃいっく)の『金のわらじ』に、「高田(現上越市)の御城下に至る、当国一の御城下にて繁昌(はんじょう)の処(ところ)なり。石灰屋といふ宿に泊る。横春日(よこかすが)町といふに粟(あわ)にて製したる水飴至って上品にて、風味よくこの処の名物なり」とあり、高橋孫左衛門商店と大杉屋惣兵衛(そうべえ)の両老舗(しにせ)が、上杉謙信時代からの兵糧食を、今日に伝えてきた。粟と麦もやしでつくる粟飴が高田飴のなかではいちばん古いが、粟を糯米(もちごめ)にかえてつくった水飴をクマザサにくるんだ笹(ささ)飴、水飴にみじん粉、寒天、香料を加えてつくる翁(おきな)飴の三つを総称して、今日では高田飴といっている。翁飴は2代目高橋孫左衛門の創作である。[沢 史生]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高田飴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高田飴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation