@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高踏派【こうとうは】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高踏派
こうとうは
Parnassiens
19世紀後半フランスにおいて,ルコント・ド・リールを中心に興った詩の流派マンデスの『幻想雑誌』 La Revue fantaisiste (1861創刊) など,いくつかの雑誌を中心として,ロマン派の過度の情熱と安易な感傷に対する反動として生れたもので,その呼称は詩選集『現代高踏詩集』 Le Parnasse contemporain (第1巻,66) に由来する。そこには先駆者と仰がれていたゴーチエ,T.バンビルをはじめ,ルコント・ド・リールシュリ・プリュドムコペエレディアら 37人の詩人の作品が集められていたが,彼らに共通した特徴は,冷静な態度で,非個性的,理知的な完成された形式美を求めようとした点にあった。その彫塑的な詩形は技巧的すぎ,生気を欠くという非難もあるが,この詩派は,いわゆる実証主義精神の詩の分野における反映であるといえ,ロマン派から知的な近代詩へ移行する橋渡しの役を果したといえる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうとう‐は〔カウタフ‐〕【高踏派】
《〈フランス〉Parnassiens》19世紀後半のフランスの詩人の一派。ロマン派の主情的な詩風に対し、実証主義の影響下に、客観的・絵画的な詩格と形式上の技巧を重んじた。ルコント=ド=リールゴーチエベルレーヌなど。日本には、上田敏の訳詩集「海潮音」によって紹介された。パルナシアン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうとうは【高踏派】
エコール・パルナシアンl’école parnassienneの,上田敏による訳語で,〈詩華集《現代高踏詩集Le Parnasse contemporain》に結集した詩人たち〉の意。19世紀の半ば,フランス・ロマン派内にあって七月革命の挫折以後〈芸術のための芸術〉を唱道したゴーティエと二月革命の挫折を機に政治を断念して芸術に沈潜したルコント・ド・リールの下に多くの青年詩人が結集し,新詩人の糾合を標榜してこの詩華集が刊行された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

高踏派
こうとうは
Le Parnasse

19世紀後半フランスの一詩派。ロマン派の主情的詩風に異を唱え、当時流行の実証主義の影響下に、没個性、不感無覚の精神に支えられた客観的、絵画的詩格の創造と音韻等詩形式上の技巧の錬磨を目ざした。ゴーチエを先駆者とし、ルコント・ド・リール、バンビルを師として、マンデス、プリュドム、コペー、エレディアらそれぞれ特異な個性の詩人たちがこの派に数えられる。彼らはマンデスの『幻想派評論』(1861)、リカールの『進歩評論』(1863~64)、『芸術』(1865~66)などに拠(よ)って文学活動を展開した。1866年ルメール書店から『現代高踏詩集』第1集が刊行され、ボードレール、マラルメ、ベルレーヌらが名を連ねるこの詩集により、詩派としてのまとまりを示すに至った。「パルナス」とは詩神(ミューズ)にゆかりの深いギリシアの山パルナッソスの仏語名である。『現代高踏詩集』は71年、76年にも続刊をみた。またこの派の詩人たちを集めたビヤール夫人のサロンも忘れがたい。

[遠山博雄]

『ピエール・マルチノ著、木内孝訳『高踏派と象徴主義』(1969・審美社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうとう‐は カウタフ‥【高踏派】
〘名〙 (Parnasse の訳語) フランス近代詩の流派の一つ。感傷的、主観的なロマン派の反動として生まれ、理知的態度で、没個性的、客観的な美を追求した。代表的詩人はゴーチエ、ルコント=ド=リール、ジョゼ=マリア=ド=エレディア、ボードレールなど。また、一般に、高尚な考え方や態度をとる人や集団をいう。
※人生の意義(1893)〈北村透谷〉「『高蹈派』といふ名称は、何人に加へられたる者なるか、吾人之を知る能はず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高踏派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高踏派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation