@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高野切【こうやぎれ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高野切
こうやぎれ
古今和歌集』の最古写本の一つ。高野山に伝来したのでこの名があるといわれる。実際は巻9と他の一部が高野山に伝来したのみであるが,同種のものを含めて「高野切」と称する。元来は巻子本 (かんすぼん) で 20巻とが完備していたと推定されるが,現在は9巻分しか残っていない。そのうち完本は巻5,8,20の3巻 (ともに国宝) で,他の6巻は零本または断簡。これらは書風のうえから3種類に分類できる。平安時代中期のかなの書としてすぐれた遺品紀貫之筆と伝えられるが,貫之よりのちの筆跡である。諸所に分蔵されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうや‐ぎれ〔カウヤ‐〕【高野切】
《もと高野山の所蔵であったところから》古筆切(こひつぎれ)の一。現存最古の古今集の写本の断簡で、紀貫之筆の伝承がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうやぎれ【高野切】
古筆切の最も有名なものの一つで,《古今和歌集》の巻子本(かんすぼん)を切ったもの。現在,巻一,二,三,九,十八,十九の6巻の分が残っている。そのほか,切られずに一巻完具しているものに巻五,八,二十の3巻がある。撰者紀貫之の自筆といわれて尊重されたが,それは信じがたく,下って11世紀中期の書と考えられるようになった。その筆跡には3人の手がみとめられ,巻一,九,二十を第1種,巻二,三,五,八を第2種,巻十八,十九を第3種とよんでいる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうやぎれ【高野切】
古筆切こひつぎれの一。古今集の現存最古の写本。紀貫之筆と伝えられるが、三人の寄合書よりあいがき。一部が高野山の所蔵であったことからいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

高野切
こうやぎれ
書跡。一面に雲母砂子(きらすなご)を撒(ま)いた白麻紙(しろまし)に、『古今和歌集』を書写したもので、同歌集最古の写本。もと20巻1セットの調度(ちょうど)手本として調じられた。名称は、かつて高野山文殊院(もんじゅいん)の木食応其(もくじきおうご)が豊臣(とよとみ)秀吉より巻第9の巻頭の断簡を拝領し、それが高野山に伝存したことに由来する。筆者を撰者(せんじゃ)紀貫之(きのつらゆき)と伝承するが、これは当たらない。3人の能書の筆者が分担執筆した寄合書(よりあいがき)で、現存遺品をそれぞれ第一種(巻1、9、20)、第二種(巻2、3、5、8)、第三種(巻18、19)とよんで書風の分類をしている。もと巻子本で、巻5、8、20の3巻が完存(国宝、諸家分蔵)。残りは断簡として諸家に分蔵される。このうち第二種の書は、宇治平等院鳳凰堂(ほうおうどう)の色紙形(しきしがた)の筆者である源兼行(かねゆき)の筆跡とするのが定説である。11世紀中ごろの書写と推定され、『古今和歌集』撰進後、約150年の写本である。優雅な連綿、墨継ぎの妙が特色で、格調高い書風を展開し、平安朝屈指の古筆遺品として、その価値は高い。[神崎充晴]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうや‐ぎれ カウヤ‥【高野切】
(もと高野山文珠院に蔵されていたところからいう) 古筆切れの一つ。紀貫之筆と伝えられる「古今集」の巻子本の断簡で、三種類に分類される。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高野切」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高野切の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation