@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高麗茶碗【こうらいぢゃわん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高麗茶碗
こうらいぢゃわん
朝鮮,李朝時代に制作された陶磁茶碗の日本の茶の湯における総称。室町時代末期以降佗茶用の茶碗として茶人の間で愛好された。「高麗」は日本における朝鮮の一般的呼称で,高麗時代の茶碗の意味ではない。産地,形態,釉調などにより,熊川茶碗 (こもがいぢゃわん) ,井戸茶碗 (いどぢゃわん) ,魚屋茶碗 (ととやぢゃわん) ,三島など多くの種類がある。初期には朝鮮で雑器として焼かれていたものを茶の湯に転用していたが,のちには日本の茶人の好みに応じて注文生産された (→御本茶碗 ) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうらい‐ぢゃわん〔カウライ‐〕【高麗茶×碗】
朝鮮から渡来して、桃山時代以降、茶人に抹茶茶碗として珍重された陶磁器の総称。主として李朝初期から中期にかけて焼かれたもので、井戸茶碗三島手(みしまで)などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうらいちゃわん【高麗茶碗】
朝鮮半島で焼かれた茶の湯の茶碗の総称。高麗茶碗とはいうが,そのほとんどは李朝時代に焼かれたもので,高麗時代までさかのぼるものはわずかである。室町時代末に侘茶が流行するようになって賞玩され,桃山時代には茶の湯茶碗の主流となった。高麗茶碗は大別すると,一般的な李朝陶磁のなかから茶の湯の茶碗として見立てられたものと,日本の注文によって造られた茶碗(安土桃山から江戸初期に焼かれた各種の御本(ごほん)茶碗に代表される)とがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

高麗茶碗
こうらいぢゃわん

朝鮮半島で焼かれた茶の湯茶碗の総称。高麗の名は時代の意ではなく、室町・桃山時代には朝鮮を俗に高麗と称していたことによる。実際には高麗時代の作例はまれで、多くは李朝(りちょう)初・中期(15、16世紀)に焼かれている。わが国では室町時代後期(16世紀)に、それまでの書院茶にかわってわび茶が台頭し、わびの美意識にかなった茶碗を国の内外に求めた結果、高麗茶碗が着目された。1537年(天文6)の文献に高麗の名の初出がある。桃山期に入ると、茶碗の主流をなす存在とまでなるが、天文(てんぶん)年間(1532~55)にはまだ茶会で用いられた例は少ない。天正(てんしょう)年間(1573~92)も前期は、天目(てんもく)に代表される唐物(からもの)茶碗に圧倒的人気があり、茶人に高麗への志向が高まるのは天正8、9年以降である。1588年(天正16)の山上宗二(やまのうえそうじ)(千利休(せんのりきゅう)の高弟)著『山上宗二記』には「惣(すべ)テ茶碗ハ唐茶盌(からちゃわん)スタリ、当世ハ高麗茶盌、瀬戸茶盌、今焼ノ茶盌迄也(までなり)」とみえ、唐物からわび物(もの)への移行が象徴的に述べられている。当時の記録のほとんどはただ高麗茶碗と記すのみで、まれに「三嶋(みしま)」「暦」「井戸」「狂言袴(ばかま)」の名が散見されるが、今日のように細分化したのは江戸後期、茶人松平不昧(ふまい)(1751―1818)のころとされている。

 高麗茶碗は、古くは14世紀の高麗青磁に始まり、下って18世紀に釜山(ふざん)の倭館(わかん)で焼成されたものまでを包括するが、その作風はきわめて多様であり、豊臣(とよとみ)秀吉の朝鮮出兵(文禄(ぶんろく)・慶長(けいちょう)の役)を境にして大きく前期と後期とに二分される。

 前期には、技巧に走らぬ素朴な作調の井戸茶碗を中心とした一群がある。これらは、わびの美を演出するために日用雑器的なもののなかから選ばれた、いわゆる見立ての茶碗である。なかでも高麗末期(14世紀)につくられた雲鶴(うんかく)文や菊丸文の文様をもつ青磁象眼(ぞうがん)茶碗がもっとも古格で、その形姿から「筒茶碗」「狂言袴(きょうげんばかま)茶碗」の呼び名がある。李朝期の15世紀に入ると、三島(みしま)、刷毛目(はけめ)、雨漏(あまもり)、堅手(かたで)、粉引(こひき)などの一群が焼かれ、続いて16世紀には名高い井戸茶碗や熊川(こもがい)茶碗がつくられた。

 また文禄・慶長の役後の後期では、わが国の茶人好みの注文茶碗が焼かれたが、見立てか注文かの判定がむずかしく、戦役のころと推測されるものに、蕎麦(そば)、斗々屋(ととや)、柿(かき)の蔕(へた)、呉器(ごき)(五器・御器)などがある。蕎麦は浅めで見込みが広く、蕎麦形(な)りという形に特色があり、斗々屋、柿の蔕などはその渋さゆえ寂物(さびもの)として珍重された。斗々屋には本手斗々屋、利休斗々屋、平(ひら)斗々屋などがあり、呉器は一文字呉器、大徳寺呉器、紅葉(もみじ)呉器、錐(きり)呉器、番匠呉器などに分かれ、撥(ばち)高台の形姿に特色がある。慶長(けいちょう)年間(1596~1615)に入ると、前期の自然な味わいに比し、作為的な奇をてらった作風のものが多くなり(割高台(わりこうだい)など)、かつて見立ての茶碗にみられた素朴な趣(おもむき)から一転して、軽妙で小味なものへと変容した。御所丸(ごしょまる)、金海(きんかい)、伊羅保(いらぼ)、半使(はんす)、御本(ごほん)などのほか、玉子手などもこの時期のものと推測される。伊羅保には釘彫(くぎぼり)、片身替(かたみがわり)などがあるが、すこぶる技巧的で、割高台とともに当時の茶人の好みをよく投影した茶碗といえる。金海は慶尚南道の地名で、この地で堅手(かたで)や御所丸、金海茶碗が焼かれたといわれている。御本は日本からの御手本、つまり切形(きりがた)によって焼かせた茶碗で、釜山の倭館でつくられ、対馬(つしま)の宗氏が幕府の命でその任にあたったが、1717年(享保2)に廃窯した。

[矢部良明]

『林屋晴三編『高麗茶碗』全5巻(1980~81・中央公論社)』『林屋晴三著『陶磁大系32 高麗茶碗』(1972・平凡社)』『林屋晴三・鄭良謨編『世界陶磁全集19 李朝』(1980・小学館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうらい‐ちゃわん カウライ‥【高麗茶碗】
〘名〙 朝鮮で作られた碗形陶磁器の総称。高麗時代(九一八‐一三九二)のものはごくまれで、そのほとんどは李朝時代(一三九二‐一九一〇)初・中期のもの。桃山時代後期以降、茶道で抹茶茶碗として用いられた。井戸茶碗など朝鮮の日用雑器を転用したものと、日本の茶人の注文によって作られ輸入されたものに大別される。
※宗湛日記‐天正二〇年(1592)一一月一五日「高麗茶椀はほそくしてふかし。薬如常、くわんようひびき」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高麗茶碗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高麗茶碗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation