@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

高齢・障害・求職者雇用支援機構【こうれいしょうがいきゅうしょくしゃこようしえんきこう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

高齢・障害・求職者雇用支援機構
こうれいしょうがいきゅうしょくしゃこようしえんきこう
高年齢者、障害者および求職者の雇用を支援するための公的機関。独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構法(平成14年法律第165号、公布当時は独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構法であったが、平成23年法律第26号により現行法名に改題)に基づいて設置された厚生労働省所管の独立行政法人。英語表記はJapan Organization for Employment of the Elderly, Persons with Disabilities and Job Seekers、略称はJEED。本部の所在地は千葉市美浜区若葉。日本障害者雇用促進協会が高年齢者雇用開発協会から業務の一部を移管して、2003年(平成15)に独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構として発足、2011年に雇用・能力開発機構の解散に伴い、その業務の一部を移管、高齢・障害・求職者雇用支援機構と改称した。
 機構のおもな業務は大きく3種類に分けられる。(1)高年齢者の雇用を促進する事業。中小企業定年引上げ等奨励金、高年齢職域拡大等助成金、高年齢者雇用確保充実奨励金を支給することにより、65歳以上の高年齢者の継続雇用を普及、促進する。また、高年齢者の雇用に関する技術的相談や支援を行うために高年齢者雇用アドバイザーなどを配置している。(2)障害者の就職と職場定着を促進する事業。各都道府県に地域障害者職業センターを設置し、そこで職業リハビリテーションサービスを提供する。さらに、国立職業リハビリテーションセンター(埼玉県所沢市)、国立吉備(きび)高原職業リハビリテーションセンター(岡山県加賀郡吉備中央町)では、全国から障害者を受け入れ、職業訓練などを実施する。障害者職業総合センターでは、調査・研究、専門職員の養成や研修を行う。また、障害者の雇用の促進等に関する法律(昭和35年法律第123号)に基づき、障害者雇用納付金の徴収、雇用調整金や報奨金の支給を行う。なお、障害者の職業能力向上を図るために全国障害者技能競技大会(アビリンピック)を開催している。(3)職業能力開発支援事業。離職者が早期に再就職できるように職業能力開発促進センター(ポリテクセンター)において職業訓練を実施している。また、職業訓練支援センターでは、民間の職業訓練機関の開拓、訓練計画策定に対する援助や相談を行う。そのほか、人材育成のための職業能力開発大学校および職業能力開発短期大学校、指導員の養成や職業能力開発に関する調査・研究を行うための職業能力開発総合大学校を運営している。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高齢・障害・求職者雇用支援機構」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高齢・障害・求職者雇用支援機構の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation