@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【カミ】

デジタル大辞泉

かみ【髪】
《「上(かみ)」の意からという》
人の頭に生える毛。頭髪。「が伸びる」「を結う」
頭の毛を結った形。髪形。「今日のはよく似合う」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くし【髪】
(「おぐし」「みぐし」の形で用いる)
頭髪。かみ。
「御―長く美しうて」〈栄花・花山尋ぬる中納言〉
(「首」「頭」と当てて書く)頭。くび。
「御―も痛く、身も熱き心地して」〈夕顔

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はつ【髪】
かみの頭髪。「を入れず」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はつ【髪〔髮〕】[漢字項目]
常用漢字] [音]ハツ(漢) [訓]かみ くし
〈ハツ〉
頭の毛。かみ。「遺髪有髪(うはつ)金髪結髪散髪束髪断髪長髪剃髪(ていはつ)怒髪頭髪白髪(はくはつ)弁髪(べんぱつ)毛髪理髪
わずかな間隔のたとえ。「間一髪危機一髪
〈かみ(がみ)〉「髪形黒髪前髪日本髪
[難読]髫髪(うない)海髪(おごのり)白髪(しらが)角髪(みずら)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

人見嘉久彦による戯曲。1963年、第9回「新劇岸田戯曲賞(のちの岸田国士戯曲賞)の候補作品となる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本のポピュラー音楽。歌は女性歌手、美空ひばり。1964年発売。作詞中村メイコ作曲神津善行。前年公開の映画「ひばり、チエミ、いづみ 三人よれば」で使用された。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かみ【髪 hair】
人体頭部の皮膚に植立する毛。頭毛,頭髪,髪の毛などとも称される。そもそも毛とは皮膚の表層をなす細胞群が硬いタンパク質性の物質塊(角質)に変化して生じたものであるが,その際に皮膚表層が1本1本の毛をとりかこむようにして体内へ深く(髪の場合は4~5mm)陥入し,毛包を形成する。生体から髪をむりに引き抜くと髪の根部にぶよぶよの組織が付着していることが多いが,この組織が毛包にほかならない。髪は頭部皮膚において2~9本ずつ群生している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かみ【髪】
頭に生えている毛。髪の毛。 -をとかす
頭髪を結った形。かみかたち。 お下げ- 日本-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はつ【髪】
かみの毛。 間、-を入れず

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かみ【髪】
〘名〙
① 頭に生える毛。髪の毛。頭髪。
※古事記(712)上「爾に其の神の髪(かみ)を握りて、其の室の椽毎(たりきごと)に結ひ著けて」
※源氏(1001‐14頃)若紫「まみのほど、かみのうつくしげにそがれたる末も」
② 結った髪の毛。かみかたち。また、それを結うこと。
※読本・昔話稲妻表紙(1806)三「縫物髪(カミ)もよく仕おぼえつるよし、父上の消息にてとく聞ぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くし【髪】
〘名〙 (接頭語「み」「お」を伴って尊敬語の形で用いる。→おぐしみぐし)
① 頭髪。かみの毛。かみ。
※書紀(720)神代上(丹鶴本訓)「髪(みクシ)を結(あ)げて髻(みづふ)に為」
※栄花(1028‐92頃)花山たづぬる中納言「御ぐし長く美しうて」
② (「首」の字をあてる。「髪」の意から転じたものか) 人や仏像などのくび。頭。こうべ。
※書紀(720)神代上(兼方本訓)「首(みクシ)を廻(めく)らして顧眄之間(みるまさかり)に」
※竹取(9C末‐10C初)「御ぐしもたげて御手をひろげ給へるに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はつ【髪】
〘名〙 かみのけ。頭髪。かみ。
※日葡辞書(1603‐04)「Ichifat(イチハツ)〈訳〉一本の髪毛」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


かみ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

髪の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation