@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【かずら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


かずら
日本で行われた古代髪飾り。つる草や花などを髪に結んだ風習から起り,のちにをつけるようになっても,つるや花を模した飾り紐を冠の付属品として用いた。日本髪の (まげ) 型もこれに起源する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かずら〔かづら〕【×鬘】
上代、つる草や草木の枝・花などで作った髪飾り。
「菖蒲草(あやめぐさ)花橘(はなたちばな)を玉に貫(ぬ)き―にせむと」〈・四二三〉
髪の毛を補うために添える毛髪。添え髪。かもじ。
「わが御髪(みぐし)の落ちたりけるを取り集めて―にし給へるが」〈蓬生
能狂言で、女性に扮するときなど、仮面とともに使う付け髪。→かつら(鬘)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かつら【×鬘】
《古くは「かづら」。現代でも能楽関係では「かずら」という》頭髪のように作って頭にかぶったり付けたりするもの。俳優などが扮装(ふんそう)用に、また、一般に髪形を変えたり、はげを隠したりするのに用いる。→かずら(鬘)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かずら【鬘】
日本古代の髪飾一種上代には男女ともに結髪をしていたが,初めは頭髪を蔓草布帛(ふはく)などで結んだものが自然に装飾視されるようになり,頭飾の一種となったものであろう。この点で挿頭(かざし)などと出発点を異にしている。上代のかずらには〈まさきかずら〉〈木綿(ゆう)かずら〉など二,三の名が見えるが,のちには蔓草や植物繊維にかぎらず,季節の花葉果実をひもに連ねてかずらとしたことがある。のちに男子が一般に冠帽をかぶるようになっても,この風習が遊宴神事のときに残った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

かつら【鬘】
髪形を変えたり,扮装用にかぶる人工の髪。〈かずら〉ともいう。語源は髪葛(かみかずら)に由来するという説がある。日本の古代には,頭飾として男女とも五味(さねかずら),忍冬(すいかずら),葛蔓(くずかずら)など蔓草を頭に巻く風習があり,また蔓草だけでなく,花や葉,珠などを飾ることもあり,これを〈かずら〉と称した。《古事記》や《万葉集》には,〈花鬘〉〈菖蒲(あやめぐさ)鬘〉〈柳鬘〉〈日影鬘〉〈玉鬘(縵)〉などの名が見える。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かずら【鬘】
かつら(鬘)に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かつら【鬘】
かずらとも
演劇などで髪の形を変えるために俳優がかぶるもの。
さまざまな髪形に人の毛で結いあげたかぶりもの。ウィッグ。
頭髪の少ないのを補う毛。かもじ。そえがみ。ヘアピース。
蔓草つるくさ・花・羽などを頭に巻き付け、飾りとしたもの。 あやめぐさ花橘を玉に貫き-にせむと/万葉集 423

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かずら・く かづらく【鬘】
〘他カ四〙 (名詞「かずら(鬘)」を動詞化した語) かつらにする。草木の枝や花を取って髪飾りにする。
※万葉(8C後)一〇・一八五二「ももしきの大宮人の蘰有(かづらける)(しだ)り柳は見れど飽(あ)かぬかも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かつら【鬘】
〘名〙 (「かづら」とも)
① 上代、青柳、アヤメ、ユリ、藻草、稲穂などの種々の植物を、髪の飾りとしたもの。「うず」や「かざし」が枝のまま髪に突きさしたのに対し、髪に結んだり、巻きつけたり、からませたりして用いた。元来は、植物の生命力を身に移そうとした、感染呪術に基づく。
※万葉(8C後)五・八一七「梅の花咲きたる園の青柳(あをやぎ)は可豆良(カヅラ)にすべくなりにけらずや」
② 髪の薄い人、短い人などが添え加えた髪。そえがみ。かもじ。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※源氏(1001‐14頃)蓬生「わが御ぐしの落ちたりけるを取り集めてかつらにし給へるが、九尺余ばかりにて、いと清らなるを」
③ 種々の髪型に作って頭にかぶるようにしたもの。もと演劇用として発達したが、現在では髪型を変えるためなどに一般にも用いられている。
※俳諧・続猿蓑(1698)春「我宿はかづらに鏡すえにけり〈是楽〉」
④ 植物「かもじぐさ(髢草)」の古名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かずら かづら【鬘】
〘名〙 ⇒かつら(鬘)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鬘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation