@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鬚鯨【ヒゲクジラ】

デジタル大辞泉

ひげ‐くじら〔‐くぢら〕【×鬚鯨】
クジラ目ヒゲクジラ亜目哺乳類総称ハクジラ類に比べて大形で、は胎児期に消失し、代わりに上あごに口蓋(こうがい)の一部が変化した鯨ひげをもつ。口を開けて泳ぎ、プランクトン小魚などを漉(こ)して食べる。セミクジラコククジラナガスクジラなど。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ひげくじら【鬚鯨】
鯨目ヒゲクジラ亜目に属する哺乳類の総称。歯が発達せず、上顎にある多くの角質板からなる鯨鬚で大量のプランクトンを濾過ろかして食べる。大型の種が多く、セミクジラ科・コククジラ科・ナガスクジラ科の3科10種が含まれる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

鬚鯨 (ヒゲクジラ)
動物。ヒゲクジラ類の総称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひげ‐くじら ‥くぢら【鬚鯨】
〘名〙 クジラ目のうち、胎生期に歯が発生するが、その後退化して一生歯を持たず、発達したひげを持つクジラの総称。亜目に分類される。ひげは、口中に海水とともに飲み込んだ餌を濾過し、海水だけを口外へ排出する働きを持つ。シロナガスクジラ、セミクジラなど大型のクジラが含まれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鬚鯨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鬚鯨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation