@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鬢盥【ビンダライ】

デジタル大辞泉

びん‐だらい〔‐だらひ〕【××盥】
を整える水を入れる小さなたらい
江戸時代髪結いが小道具一式を入れて持ち歩いた引き出しつきの手提げ箱。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

びんだらい【鬢盥】
鬢をときつける水をいれる小型のたらい。
江戸時代、髪結いが持ち歩いた、髪結い道具一式の入った手さげ箱。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鬢盥
びんだらい
髪の乱れを直したり、鬢につやを出すために、サネカズラの茎を刻んで水に浸したものを入れる小さな盥をいう。塗り物、陶器、金属などでつくられた小判形の器であり、これが転じて、江戸時代に男の髪結いが持ち歩く道具箱をも鬢盥と称した。これは、取っ手のある長方形の引出し箱で、その中には、毛受けをはじめ鋏(はさみ)、かみそり、櫛(くし)、元結(もとゆい)、鬢水(びんみず)入れ類が収められた。[遠藤 武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

びん‐だらい ‥だらひ【鬢盥】
〘名〙
① 髪を結う時に使う水を入れる小さい盥。〔運歩色葉(1548)〕
※俳諧・鷹筑波(1638)二「池水や柳のかみのびんたらい〈信相〉」
② 江戸時代、回り髪結(かみゆい)が下げて歩く髪結道具を入れる箱。
※川柳評万句合‐宝暦九(1759)信「ひんたらいから露を打(うつ)小判なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鬢盥」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鬢盥の関連情報

他サービスで検索

「鬢盥」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation