@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鬼一法眼三略巻【きいちほうげんさんりゃくのまき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鬼一法眼三略巻
きいちほうげんさんりゃくのまき
浄瑠璃。時代物。5段。享保 16 (1731) 年9月大坂竹本座で初演文耕堂長谷川千四合作。翌年歌舞伎に移された。源牛若が兵法の秘書である三略巻を求めて鬼一法眼に入り込み,鬼一の娘,皆鶴姫と夫婦約束したため,平家方の鬼一が切腹して三略巻を牛若に与える3段目の「菊畑」,また源氏に心を寄せる一条大蔵卿が,にせ阿呆となって,常盤御前を庇護する4段目の「大蔵卿」が名高い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きいちほうげんさんりゃくのまき〔キイチホフゲンサンリヤクのまき〕【鬼一法眼三略巻】
浄瑠璃時代物。五段。文耕堂長谷川千四合作。享保16年(1731)大坂竹本座初演。「義経記」などをもとに脚色歌舞伎では「菊畑」「一条大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)」「五条橋」として上演される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きいちほうげんさんりゃくのまき【鬼一法眼三略巻】
人形浄瑠璃。時代物。5段。作者は正本内題下に〈文耕堂,長谷川千四〉とある。1731年(享保16)9月大坂竹本座に初演。初演番付のおもな配役は,三段目切を竹本政太夫,四段目切を竹本大和太夫。人形では鬼一法眼・鬼若弁慶・一条大蔵を吉田文三郎,清盛・鬼三太を桐竹勘十郎など。題材は《義経記》から鬼一法眼や弁慶関連のをとり,鞍馬天狗の話なども加えたもの。(1)〈菊畑〉 清盛が熊野参詣の船中で源義朝の挙兵を聞くことから始まり,弁慶の生い立ちが書かれ,牛若丸,鬼三太がそれぞれ虎蔵,智恵内と名のって鬼一法眼の屋敷に仲間(ちゆうげん)として雇われ,いろいろ苦心して三略の巻を入手しようとする。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

鬼一法眼三略巻
きいちほうげんさんりゃくのまき

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。時代物。5段。文耕堂(ぶんこうどう)・長谷川千四(せんし)合作。1731年(享保16)9月、大坂竹本座初演。『義経記(ぎけいき)』中の鬼一法眼の話に鞍馬天狗(くらまてんぐ)の伝説を取り入れ、源義朝(よしとも)の後室常盤御前(ときわごぜん)と一条大蔵卿(いちじょうおおくらきょう)の話などを加えて脚色。初段~二段では、熊野(くまの)の別当弁真(べんしん)の子鬼若丸(おにわかまる)が書写山(しょしゃざん)の性慶阿闍梨(しょうけいあじゃり)に育てられ、剃髪(ていはつ)して武蔵坊(むさしぼう)弁慶と名のること、五段目では五条橋で弁慶が牛若丸と主従の契りを結ぶことなどが書かれているが、三段目と四段目が名高い。

 三段目(菊畑(きくばたけ)・奥庭)―源氏再興を図る牛若丸は奴(やっこ)虎蔵(とらぞう)、家臣吉岡鬼三太(きさんた)は奴智恵内(ちえない)となり、鬼三太の長兄で平家に仕える軍学者吉岡鬼一法眼の館へ住み込み、六韜(りくとう)三略の巻(兵法虎の巻)をねらう。鬼一の娘皆鶴姫(みなづるひめ)は虎蔵を恋慕する。ある日、邸内の菊畑で鬼一の怒りを買い、館を追われた虎蔵と智恵内は虎の巻を求めて奥庭へ向かう。待ち受けた鬼一は、源氏の恩を受けながら平家に仕えた身を悔やみ、かつて鞍馬山の大天狗に変装して牛若に武術を教えたことを告白、皆鶴の聟引出(むこひきで)として虎の巻を牛若に譲って切腹する。四段目(檜垣茶屋(ひがきぢゃや)・大蔵館)―鬼三太の次兄鬼次郎(きじろう)は、阿呆(あほう)の公卿一条大蔵卿に嫁した常盤御前の心底を探るため、妻お京を狂言師として入り込ませ、楊弓(ようきゅう)に事寄せ平家調伏(ちょうぶく)を念じている常盤の本心を知る。また、大蔵卿は一条家乗っ取りをねらう奸臣八剣勘解由(かんしんやつるぎかげゆ)を斬(き)り、いままでの阿呆は平家全盛の世に媚(こ)びないための手段で、源氏に味方する本心を明かす。

 初演の翌年には歌舞伎(かぶき)に移されたが、華やかな舞台面を背景に様式美を展開する「菊畑」がとくに人気をよび、今日では、後半の「奥庭」を省略して出されることが多い。また、四段目は、大蔵卿の阿呆と本心の使い分けが見どころで、このくだりだけ出す場合は、普通『一条大蔵譚(ものがたり)』の名題(なだい)で上演される。

[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きいちほうげんさんりゃくのまき キイチホフゲン‥【鬼一法眼三略巻】
浄瑠璃。時代物。五段。松田文耕堂、長谷川千四合作。享保一六年(一七三一)大坂竹本座初演。「義経記」巻二の鬼一法眼のこと、巻三の弁慶の出生から生い立ちなどを主材として脚色。三段目の「菊畑」、四段目の「大蔵卿」が名高い。同一七年以降、歌舞伎としても上演。三段目「菊畑」から「奥庭(虎之巻)」は明治にはいって、活歴風に能趣味を取り入れて脚色され、新歌舞伎十八番の一つとなった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

鬼一法眼三略巻
きいちほうげん さんりゃくのまき
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
松田文耕堂 ほか
補作者
市山卜平 ほか
初演
享保16.12(大坂・嵐国石座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鬼一法眼三略巻」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鬼一法眼三略巻の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation