@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鬼来迎【キライゴウ】

デジタル大辞泉

き‐らいごう〔‐ライガウ〕【鬼来迎】
民俗芸能の一。千葉県山武郡横芝光町広済寺の7月16日に行われる、地獄のさまなどを演じる宗教劇。 夏》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

鬼来迎(きらいごう)
千葉県山武郡横芝町に伝わる民俗芸能。8月に広済寺で演じられる仮面劇で、仏教因果応報勧善懲悪を説く古典的地獄劇。「鬼舞」とも呼ばれる。1976年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きらいごう【鬼来迎】
千葉県匝瑳(そうさ)郡光町虫生(むしよう)の広済寺で7月16日に行われる,鬼が出現する仮面劇。境内地蔵堂(現在は本堂)に張出し舞台を設け4場の仏教劇を展開する。(1)〈大序〉 閻魔庁で大王亡者をさばき,鬼が亡者を地獄へ送る。(2)〈さい)の河原〉 鬼に責められる子供の亡者を地蔵が助ける。(3)〈入れ〉 鬼が亡者を釜ゆでにする。(4)〈死出の山〉 鬼に亡者が責められていると観音菩薩が出現して助ける。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

鬼来迎
きらいごう

民俗芸能。千葉県の広済寺(山武(さんぶ)郡横芝光(よこしばひかり)町虫生(むしょう))に伝わる盆狂言。8月16日、盆の法事のおりに檀家(だんか)の人々が演じる仮面劇。鬼舞(おにまい)ともいう。本堂の前に張り出し舞台を設け、舞台装置として高い櫓(やぐら)を組み、梯子(はしご)を架けた死出(しで)の山をつくる。狂言は7段に分かれ、罪人が地獄で鬼に責められるさまを仕組んだ部分(大序・賽(さい)の河原・釜入・死出の山)と、広済寺の縁起を脚色した物語の部分(和尚道行(おしょうみちゆき)・墓参・和尚物語)からなる。大序は、閻魔大王(えんまだいおう)、倶生神(くしょうじん)、鬼婆、黒鬼、赤鬼が出て、罪の裁きを受けた亡者を責める。賽の河原は、子供たちが小石を積んでいるところに鬼が出る。そこへ地蔵が現れ、子供を救う。釜入は、罪人が釜に入れられて苦しめられる。死出の山は、鬼・鬼婆に責められ山の上に追われた罪人の亡者が地蔵に救われる、という筋である。縁起物語の部分は現在は行われない。同様の鬼舞は、旧香取(かとり)郡の浄福寺(香取市)や同郡の迎接(ごうせつ)寺(成田市)にもあった。

[渡辺伸夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鬼来迎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鬼来迎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation