@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

魏忠賢【ぎちゅうけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

魏忠賢
ぎちゅうけん
Wei Zhong-xian; Wei Chung-hsien
[生]?
[没]天啓7(1627).鳳陽
中国,明末の宦官。河北粛寧 (河北省河間県) の人。少時より無頼で,賭博に負け去勢されて宦官となった。熹宗 (天啓帝) の乳母客氏と通じ,熹宗即位後はその寵を受け,司礼秉筆 (へいひつ) 太監 (宦官の最高職) となり,権勢をふるった。当時東林党,非東林党の政争が激しかったが,反東林派と結び葉向高 (しょうきょうこう) らの閣臣を退けるとともに東林党を残虐な手段で圧迫し,宮廷実権を握った。しかし毅宗 (→崇禎帝 ) が即位すると弾劾されて自殺し,ははりつけにされ,一派はことごとく追放された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぎ‐ちゅうけん【魏忠賢】
[1568~1627]中国明(みん)末の宦官(かんがん)。16代皇帝天啓帝(てんけいてい)の下で権勢をふるい、東林党を弾圧して全盛期を誇るが、17代皇帝の崇禎帝(すうていてい)が即位すると弾劾を受け失脚、自殺した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぎちゅうけん【魏忠賢 Wèi Zhōng xián】
?‐1627
中国,の宦官。無頼の出身で賭博に負けて宦官となったが,熹宗(在位1621‐27)が立つと司礼監秉筆(へいひつ)太監(宦官の最高職)となり,東廠(秘密警察)を兼督して政務を専断し,権勢をふるった。当時は東林党と非東林党の政争がはげしかったが,彼は東林党を弾圧し,《三朝要典》をつくってその言動をきびしく取り締まった。しかし毅宗が立つと弾劾されて自殺し,死後さらに磔刑(たつけい)となった。【谷 光隆】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぎちゅうけん【魏忠賢】
?~1627 中国、明末の宦官。無頼の出身で宦官となり、天啓帝のとき権力を振るい、東林党を弾圧したが、崇禎帝が立つと失脚して自殺。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

魏忠賢
ぎちゅうけん
(?―1627)
中国、明(みん)末の宦官(かんがん)。河北河間の人。年少から無頼漢で、賭博(とばく)に負けたので宦官となった。天啓帝の乳母客(うばきゃく)氏と私通し、天啓帝が即位するとその寵(ちょう)を得、まったくの無学にもかかわらず司礼秉筆太監(しれいへいひつたいかん)(宦官の最高職)となった。当時、東林党・非東林党の政争が激しく、非東林党は自衛のために魏忠賢と結び、卑劣な手段をもって東林党の弾圧を図った。忠賢はまず東厰(とうしょう)(秘密警察)を兼督して政治を専断し、口実を設けては東林派を投獄し政治から追放した。やがて粛寧(しゅくねい)侯に封ぜられると、スパイを放って暴威を振るい、宮廷の実権を握った。そのため在廷の官僚は、その下風にたっておもねる者が多く、ついには彼を生神として祀(まつ)る者も現れ、全国各所に彼の生祠(せいし)が建てられた。しかし、1627年、天啓帝が崩じ崇禎(すうてい)帝が即位すると、彼を弾劾する者が全土に満ち、ついに自ら縊死(いし)した。死後さらに磔刑(たっけい)に処せられ、愛人客氏は笞刑(ちけい)で殺された。[川越泰博]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎ‐ちゅうけん【魏忠賢】
中国、明代末期の宦官(かんがん)。熹宗(きそう)天啓帝のとき、司礼秉筆太監となる。東林党を弾圧し、権勢をほしいままにしたが、毅宗(きそう)崇禎帝の即位によって失脚、自殺した。一六二七年没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

魏忠賢」の用語解説はコトバンクが提供しています。

魏忠賢の関連情報

関連キーワード

内藤ジュリアヌイツ松下重綱ノイツモーリッツラロシェル攻囲戦10進法紫衣事件伊藤仁斎オーロックス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation