@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ギ】

デジタル大辞泉

ぎ【魏】
古代中国国名
戦国七雄の一。の六卿の一として勢力を拡大、氏・氏とともに晋を滅ぼし、その領土を3分。前403年、文侯のとき諸侯に列せられ、現在の山西省南部から河南省北部を領有。都は安邑、のち大開封)。前225年、秦(しん)に滅ぼされた。
三国の一。曹操(そうそう)華北を統一し、その子の曹丕(そうひ)が220年に建国。首都は洛陽(らくよう)蜀(しょく)呉(ご)とともに天下を3分したが、265年、元帝はの武帝に禅譲曹魏
南北朝時代北朝最初の王朝。386年、鮮卑(せんぴ)族の拓跋珪(たくばつけい)(道武帝)が建国。第3代の太武帝の時、華北を統一。都は初め平城(山西省大同)、のち493年洛陽遷都。534年に東西に分裂東魏は550年、西魏は556年に滅亡北魏後魏拓跋魏

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

中国の王朝の1つで、220年から265年まで続きました。三国時代の国の1つです。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぎ【魏 Wèi】
中国,戦国七雄の一つ。前403‐前225年。始祖の畢万(ひつばん)は晋の大夫で,魏(山西省芮城県)を領地とし,魏氏と称した。勢力を蓄え,春秋末には韓・趙・知氏とともに晋の国政を握った。前453年韓・趙と知氏を滅ぼして晋を三分,前403年周王より独立を認められ,安邑(山西省夏県)に都を置いた。文侯は政治を改革し,戦国初期第一の強国となり,境域を拡大した。文侯死後,秦の攻撃を受け,都を大梁(河南省開封市)に遷し,国を梁とも称した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぎ【魏 Wèi】
中国の三国時代にの2国と対峙して華北を支配した国(220‐265)。曹氏を皇帝とするので曹魏ともいう。後漢末の動乱期に,曹操が対立する群雄を倒して華北を平定し,213年(建安18),献帝から(ぎよう)(河北省臨漳県)を中心とする魏国公に封ぜられたのが始まりで,3年後に魏王に進められたが,220年のはじめに死ぬ。後をついだ子の曹丕(そうひ)がその年の10月,献帝の禅譲を受けて帝位に昇り,ここに後漢は滅んで,同じく洛陽を首都とする魏国が正式に成立した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぎ【魏 Wèi】
中国,南北朝時代の北朝の一つで,鮮卑拓跋部が4世紀末から約1世紀半華北に建設した国家。北魏,後魏,拓跋魏などともいう。拓跋部の故地は興安嶺北部と見られ,西遷して盛楽(内モンゴルのホリンゴール)を根拠に諸部族の盟主となり,部族連合によってなる代王国を建設,魏・晋両王朝とも交渉をもった。西の滅亡過程には山西方面から南進を試み,397年代王拓跋珪は後燕の首都中山を攻略して河北一帯を領有,その翌年平城(山西省大同)を首都として魏帝国を建てた(道武帝)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぎ【魏】
中国の国名。
戦国時代の七雄の一。晋の有力世族魏氏が韓・趙両氏とともに晋の領地を三分し、今の山西省南西部から河南省北部を領有、文侯が周王より諸侯に封じられて成立(前403~前225)。李悝りかいらを重用し富国強兵に努めたが、秦に滅ぼされた。
三国の一。後漢末の群雄割拠に華北を統一し実権を握って魏王となった曹操そうそうの死後、その子曹丕そうひ(文帝)が、後漢の献帝に譲位を迫って王朝を建てた(220~265)。都は洛陽。国力は三国のうち最強で、蜀・呉を圧したが、五代元帝の時、臣下の司馬氏に代わられた。 →
北朝の一。鮮卑族の拓跋珪たくばつけいが華北に建国(386~534)。都は平城、のち洛陽に遷うつる。積極的な中国同化政策を進めたが、その矛盾から反乱が起こり、534年、東魏(534~550)と西魏(535~557)に分裂した。北魏。後魏。元魏。拓跋魏。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎ【魏】
古代中国の国名。
[一] 戦国七雄の一つ。もと安邑(山西)に封ぜられた晉の六卿の筆頭。前四五三年、趙、韓とともに晉の領土を三分し、山西の南部から陝西の東部および河南の北部を領有。前四〇三年、文公のとき、諸侯として認められ強盛を誇ったが、常に秦の圧迫を受け、大梁(河南)に遷都し、前二二五年秦に滅ぼされる。
[二] 三国の一つ。二二〇年、曹操の子丕(ひ)が後漢の献帝を廃してたてた国。首都は洛陽。華北を領し、呉、蜀と天下を三分したが、二六五年、臣下司馬氏の晉に代わった。
[三] 南北朝時代の北朝の一つ。鮮卑の拓跋珪(たくばつけい)(=道武帝)が三八六年に建国し、四三九年、五胡十六国の北中国を統一した。極端な漢化政策をとり、その矛盾から反乱が起きて五三四年東西に分裂し、東魏は五五〇年、西魏は五五六年に滅んだ。北魏。後魏。拓跋魏。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版


①戦国時代の一国 前403〜前225
②三国時代の一国 220〜265
③南北朝時代の北朝の王朝 386〜534
戦国の七雄の1つ。代々晋 (しん) に仕え,魏(山西)に封ぜられたので魏氏を称したが,韓 ・趙 (ちよう) とともに晋領を3分して独立,襄 (じよう) 王のときには王を称して威をふるったが,前225年秦に滅ぼされた。前362年,都を大梁 (たいりよう) に移してのちは梁とも呼ぶ。
後漢 (ごかん) 末,曹操が献帝を擁して実権を握り,魏王に封ぜられた。その子曹丕 (ひ) は献帝に強要して譲位させ,後漢は滅亡。洛陽に都して魏と号し,蜀漢 (しよくかん) ・呉 (ご) と天下を3分した。屯田制と九品中正を始めたが,権臣司馬氏の勢が強く,司馬炎(武帝)に国を奪われた。
鮮卑 (せんぴ) の拓跋 (たくばつ) 氏が華北に建国。平城(山西省大同),のちに洛陽に都した。北魏・後魏ともいう。534年東魏・西魏に分裂。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版


中国の王朝 ①戦国時代の一国(前403〜前225)
②三国時代の一国(220〜265)
③南北朝時代の北朝の王朝(386〜534)
戦国七雄の一つ。秦の始皇帝に滅ぼされた。
後漢末に曹操 (そうそう) が華北の実権を掌握して魏王となり,その長男の曹丕 (そうひ) が漢帝に迫り,位を譲らせ建国。都は洛陽。『魏志』倭人伝は倭国の地理・風俗,邪馬台国 (やまたいこく) 女王卑弥呼のことなどを記し,3世紀の日本に関する貴重な文献。
鮮卑 (せんぴ) の拓跋 (たくばつ) 氏が華北に建国。通称「北魏」または「後魏」。534年東魏・西魏に分裂。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

魏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation